子供の口臭がうんちの臭い…原因とパターン別、年代別で最新対策!

子供の口臭対策方法

■子供専用口臭サプリ「チルドブレッシュ」

【チルドブレッシュ】口コミでわかる!子供の口臭しっかり対策する方法
⇒「チルドブレッシュ」公式サイトはこちら 子供の口臭サプリ 口コミでわかる本当の実力! チルドブレッシュは子供向け口臭対策...

■子供も使える「口臭サプリランキング」

【口臭サプリランキング】2018年最新データ「今買い」はコレ!
※2018年2月24日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…

口臭というと大人のエチケットというイメージがありますが、子供も同じように口臭が起こることがあります。

親子のスキンシップをとりたくても、口臭がつらくて顔を近づけられない・・・と、子供口臭に悩んでいる親御さんが増えています。

また、自分ではなかなか気づかないことも多い口臭は、周りが気づいてケアを考えてあげないと、外出先でつらい思いをしてしまう可能性も。

口臭に関する対策は、大人同様に必要となります。
ただ、子供の口臭は大人の口臭にはない「子供の頃だからこそ」の口臭の原因もあり、これを知って対処しないと、しっかりと口臭を治すことができません。
子供口臭とはどのようなものでどうして起こるのか、原因対策、ケアの方法を見ていきます。

口臭い、うんちの臭い、アンモニア臭…
よくある子供の口臭パターン

大人の口臭としてよくある、食事内容による口臭・・・ニンニクなどの匂いが強いものを食べたあとのような口臭とは異なり、子供の口臭に気づくときは、うんちの臭いアンモニア臭生臭いといった便臭酸っぱい匂いを感じることが多いようです。

ただ、このようないわゆる「悪臭」と感じるにおい以外にも、薬臭いバナナのようなにおい、甘い甘酸っぱいにおいがする、といったにおいに感じる場合もあります。

においの感じ方は人それぞれですし、口臭の原因によってもにおいが変わりますので、「今まで感じなかったにおい」や「口からこんなにおいがすることはない」といったにおいを感じたら、口臭と判断して原因を探っていきましょう。

口臭は、時間帯によっても変化することがあります。
特にに口臭がきついと感じる場合が多く、寝起きのタイミングできついにおいがしたり、敏感な子供なら「自分の口臭い」と自身で気づくこともあります。

普段会話する距離で強烈なにおいを感じたら、すぐにケアを考えてあげた方が良いでしょう。

子供の頃の口臭というエチケット問題は、いじめの原因になったり、本人が会話を敬遠してしまうなど、集団生活やこころのありかた・人格形成において重大な問題に発展しかねません。

一口に口臭といってもその原因は様々なものがあります。

口の中だけの問題ではなく、体の中から発せられるにおいが原因であることもあり、歯磨きだけで改善できるかといったらそうではないものが口臭です。

自分の子供から口臭を感じる、どうしよう!と焦らずに、原因を知り、それに対応するケアを行うことで効果的に口臭を改善することが可能です。

特に、子供の時期だからこそ起こる口臭の原因にはよく注意しておきましょう。
子供の口臭の原因、そして原因に対する対策を理解して、大人が一緒に改善をサポートしてあげましょう。

原因は病気?虫歯?風邪?
意外と多い「子供のドライマウス」

口臭の原因には様々なものがありますが、まず考えられるのが口内環境です。

口の中に雑菌が増えるとそれがにおい、口臭の原因となります。
さらに、体内の状態によってもにおいが発生し、口を通じてにおいを感じることから、これも口臭と判断されることがあります。

子供の様子を注意して見、口臭の原因を探りましょう。

・虫歯、歯垢

口の中の雑菌というとまず思い浮かぶのが、虫歯です。
歯の組織を侵し、歯の健康を損なう虫歯ですが、これが口臭の原因にもなるのです。
大人の口臭の原因としてもまず挙がるものではないでしょうか。

食べ物以外のものを口に入れる・聞きなれない音で治療をされることに対し「歯医者は怖い」と感じる子供は多く、極端に嫌がることから、親も子供を歯科医院に連れて行くことをためらうことが少なくありません。

また、歯科医院に行くことを怖がるゆえ歯の小さな痛みを我慢したり、痛みを感じる部分の歯磨きが不十分になることによって虫歯を悪化させ、同時に口臭を悪化させることにもなってしまいます。

小さな子供の歯磨きは、大人が仕上げをすることで歯の健康をチェックするとともに、磨き残しによる歯垢の蓄積を防ぐことが大切です。

虫歯の早期発見にも「仕上げの歯磨き」は有効です。
虫歯を発見した場合は、なるべく早く歯科医院を受診しましょう。
虫歯の進行は時間とともに確実に進んでいくため、早期発見・早期治療がより早い改善につながります。

ただ、素人が見ただけでは虫歯とわからないものもあります。
虫歯治療のためにはもちろん、虫歯の予防・発見のためにも歯の健康診断へぜひ行ってみましょう。

また、どれだけしっかりと歯磨きをしても、歯と歯の隙間や歯のおうとつに歯垢歯石が溜まってしまいます。
これらも口臭の原因になるものなので、定期的に歯科医院似通う習慣をつけ、歯をクリーニングしてもらうことも有効です。

虫歯の治療と歯のクリーニングによって、これらを原因とする口臭は自然と改善します。

・舌苔(舌が白い)

のケアはしていますか?

大人にとっても歯磨きと比較すればまだまだマイナーな舌のケアですが、これが口臭の原因ということであればケアを行う必要があります。

舌が白いように見える舌苔は、誰の舌にもあるものではありますが、「舌が白い」と感じるほどであればケアが必要です。
舌苔そのものはもちろん、これに食べ物のかすや雑菌がつくことによって口臭の原因となります。

歯磨きとともに舌磨きも習慣化することによって、口内をより清潔に保つことができます。
専用の舌ブラシを使用する、綿棒を使用するなどの方法がありますので、取り入れやすい方法で実施してみましょう。

ただし、歯と異なり、力を入れてゴシゴシと磨くのは舌を傷つけてしまうので、撫でるように優しく舌苔を取り除いてあげてください。

・ドライマウス

子供の口臭の原因として大きなものがこのドライマウスです。

通常人間は鼻呼吸をしますが、乳児の頃鼻づまりをきちんとケアしなかったり、アレルギー性鼻炎などによって鼻づまりが常の状態になってしまうと、口で呼吸をしなければならなくなってしまいます。

口で呼吸をすると口内が乾燥し、雑菌が繁殖しやすい環境になるため、口臭はもちろん虫歯の原因にもなってしまいます。

さらに感染症のウイルスが繁殖するにも良い環境となるので、風邪を引きやすくなったりするなど、ドライマウスは口臭以外にも様々な弊害を引き起こす原因でもあります。

このドライマウスはおとなになっても口臭の原因となるので、子供の頃から鼻呼吸を習慣づけてあげたいものです。

「鼻をかむ」ことを知らない乳児は、鼻づまりを起こさないよう気をつけてケアしなければなりませんし、小さな子供でも鼻づまりをそうと思わず口呼吸をしている場合があります。

鼻炎は、風邪アレルギーによる一過性の他にも、蓄膿症副鼻腔炎など病院での治療を視野に入れるべき症状もあります。

ドライマウスを助長しないためにも、鼻呼吸を妨げる要因となるものはなるべく取り除いてあげることがベストです。

普段から口を開けて呼吸をしているようであれば、鼻呼吸をしづらい状態ではないかチェックし、そうではなく口呼吸が癖になってしまっているようであれば口を閉じるよう促すなど、気をつけてあげると良いでしょう。

・病気や風邪

病気風邪をひくことで口臭が発生する、というとあまりピントこないかもしれませんが、これは体内環境の悪化によって体の中のにおいが口を通じて発せられることを言います。

病気になると胃が消化不良を起こし、食べ物をうまく消化できず胃の中に食べかすが残ったり、発酵してしまったりすることによってにおいが発生します。

特に胃腸風邪などはこのような状態になりやすいため、口臭として感じることが多くなります。

これらは病気の改善とともに自然におさまることが多く、病気の治療を第一とすれば口臭も気にならなくなることがほとんどです。

逆に言えば、消化しやすい食事を心がけ、口内環境を悪化させることのないようきちんと歯磨きをするなどを心がければ、病気をしても口臭を感じることは殆どありません。

・便秘

体は老廃物を排出することによって新しい栄養を効果的に取り入れるため、老廃物を溜め込むことをしないように機能します。

便秘となり便が排出されない、つまり老廃物が体の中にたまったままになると、老廃物は他の出口を探して腸壁から吸収され、血液の流れにのって体全体に運ばれてしまうのです。

この老廃物から発せられるにおいが、汗や皮脂によって体外に排出されれば「体臭」、そして呼気となって口から放出されれば「口臭」となります。

・ストレス

ストレスを感じるのは大人だけではありません。
子供も周りに影響を受け様々なストレスを感じています。

精神的なストレスそのものが口臭の原因になるわけではありませんが、ストレスによって胃腸が弱ったりするなど体に影響をおよぼすことが、口臭の原因となります。

また、ストレスによって唾液の分泌が減少することもあり、これがドライマウスを引き起こして口臭につながることがあります。

乳幼児の場合は感じているストレスを上手く表現できず、親が知らないうちに多大なストレスを抱え込んでしまっていることがあります。
ストレスによる口臭は、子供からのヘルプサインとも言えるでしょう。

・膿栓(臭い玉)

膿が固形化したもので、強いにおいを放つものとして有名です。

この扁桃腺にできる膿栓は、を通って外から侵入する細菌の死骸や食べかすなどが蓄積してできるもので、年令に関係なく誰にでもできる可能性があるものです。

小さなものであればうがいで排出されたり、食べ物と一緒に飲み込んでなくなってしまうことがありますが、付着したまま目立つぐらい大きくなってしまうこともあります。

臭い玉と言われるほどに、独特の強い匂いを放つため、この膿栓のにおいが呼気に含まれ口臭になることがあります。

口臭の原因としては先に挙げた虫歯やドライマウスが原因であることが多く、また膿栓があるからと言って必ずしも病気であるというわけではないので、他の原因に当てはまらなかった場合、膿栓を口臭の原因と考えてみましょう。


子供の口臭のは、上記で紹介したもの以外にも、内蔵病や乳歯から永久歯にはが生え変わる時期など様々な病気や体の変化によって起こることがあります。

においという目に見えない・痛みなどの不快を感じにくい症状ですが、「いつもと違う」は体に何らかの異変が起きているというサインでもあります。

単純ににおいを消すということだけではなく、においの元となっている体の変化・その原因を改善することに着目して対策や治療を実施してあげてください。

まずは対策!最新の改善方法を選んで
早めに治す!

前述の原因に対応する、子供の口臭対策・改善方法を選択して、効果的に口臭をケアしていきましょう。

また、口臭ケアは今感じている口臭を改善するだけでなく、今後の口臭予防にも役立ちます。

口臭を感じてから治るまでだけではなく、普段から気をつけておくことで口臭の再発を防ぐとともにエチケット・体の健康を維持していくことにつながります。

もちろん大人にも有効なので、大人も一緒に行うことで、自然に口臭ケアの習慣を身につけていくと良いでしょう。

・口内環境の改善

歯磨きうがいなど口内を清潔に保つ活動は欠かせません。
また、うがいは風邪予防にもなるので、病気を原因とする口臭を予防することにも有効です。

現在の口内環境を知り、クリーニングをしてもらうとともに、正しい歯磨きの仕方などを学べる歯医者・デンタルクリニックを活用するのも一つの方法です。

虫歯ではなくとも歯医者に行く習慣をつけることで、「歯医者は怖い」というイメージを払拭することも歯の健康維持・口内環境を清潔に保つために大切です。

どうしても歯医者が難しい場合は、歯や口の健康を促す地域の取り組みに参加するというのも良いでしょう。
子供が興味を持ち実際に実行する気持ちをもたせることが大切です。

・ドライマウス改善

口呼吸の癖がついてしまうと、ドライマウスになりやすくなります。
自然に鼻呼吸ができるよう、鼻炎による鼻づまりなどには十分注意してあげることが必要です。

しかし、子供の自覚症状がない・親が見てわからないという場合も少なくありません。
鼻呼吸がうまくできていないと感じる場合は、病院で診断を受けるのも一つの改善方法です。

・体内環境の改善

胃腸の調子が悪いときや、便秘などにより体に老廃物を溜め込んでしまうと、体内でにおいが発生します。

消化によい食事を心がけるよう食生活を改善したり、便秘を改善する食物繊維の摂取、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖を含む食材の摂取を心がけます。

体内環境の改善は口臭だけでなく、健康や美容面でも良い効果を発揮し、風邪などの病気にもかかりにくくなります。

・ストレスの除去

子供がどんな事柄に対してストレスを感じているのか・・・乳幼児などはっきりと言語化できない年齡の場合は、判断することが難しいかもしれません。

嫌だということをすべて叶えたからと行って、ストレスが解消されるわけでもなく、他の改善策とは異なり予防や直し方が難しいかもしれません。

子供を注意深く観察し、直接言葉にして尋ねるだけでなく、ストレスの原因となっているであろうことを行動によって解消してあげるのも効果的です。

・膿栓の除去

膿栓の予防にはうがいが有効と言われており、膿栓の除去だけでなく、膿栓の原因である雑菌を繁殖させない・死骸を蓄積させないためにも効果を発揮します。

虫歯予防の歯磨き、膿栓予防のうがいと捉えられます。

また、膿栓が見えるからといって、無理にこすって自分で除去することは控えましょう。
膿栓の除去に伴い喉の粘膜を傷つけてしまうことがあり、別の病気につながってしまうことがあります。

特に敏感な子供の場合、突然動いたり口を閉じたりして予期しない事故になることもあります。
子供の膿栓は、病院で除去を強くおすすめします。

病院は何科?
口臭治療は相談から。

「口臭の治療」は何科を受診すれば良いのかは、口臭の原因によって異なります。

虫歯が原因ということであれば歯科医院を訪れることになります。
歯科医院では、虫歯以外にも歯垢除去や舌のケアによって口内環境を清潔に保つ治療・サポートを行ってくれますので、受診の際に口臭に悩んでいることも伝えてみましょう。

ドライマウスの原因でもある鼻づまりが原因である場合は、耳鼻科を受診します。
鼻づまりが改善して鼻呼吸がうまくできるようになれば、殆どの場合自然と口呼吸から鼻呼吸をするようになります。

鼻づまりが改善しても、口を開けて呼吸することが目につくようであれば、鼻呼吸を促してあげてください。

病気風邪が原因となり、胃腸が弱って起こる口臭には、小児科を受診します。
病気が治れば口臭も改善しますが、治療中の口臭を防ぐためにも胃腸に優しい・消化によい食事を心がけ、胃腸に消化できない食べ物を残さないようにすることが大切です。

また、膿栓が原因である口臭の場合は、耳鼻科を受診してください。
口内の問題ということで歯科医院を選択しがちですが、膿栓の除去は耳鼻科で行います。

全く原因が思い当たらない、という場合は総合病院で相談してみましょう。

口臭は闇雲にケアをするのではなく、原因をきちんと理解することによって効率に改善していくことができます。
適切な科で治療を行うことによって、改善も早くなります。

子供の口臭対策はここまできた!
子供専用の口臭予防サプリメント

大人の口臭対策として、サプリタブレットがありますが、これらにも子供用が存在します。

正しい歯磨きで口内を清潔に保つこと、風邪や病気を予防することはもちろん、ドライマウスの対策にもサプリやタブレットの利用は有効です。

病院で処方される抗生物質漢方市販にもある口臭対策を重視した歯磨き粉うがい薬マウスウォッシュなどは、刺激が強かったり、味が悪く子供は嫌がりがちです。

病気の治療としては必要ですが、口臭の対策として普段から気をつける予防の観点からも、サプリやタブレットは利用しやすいアイテムです。

子供向けの口臭対策サプリやタブレットには、錠剤のように飲み込むものではなく、ラムネや飴のように「食べる」タイプのものが多く、また食べやすい味付けがされているため子供が口にしやすいという利点があります。

もちろん子供が食べても安心な素材で作られていますので、薬よりも手軽に安心に試すことができます。

筆者も子供の口臭改善のためにサプリを利用した経験があります。

においが気になるものや消化の悪いものを食べさせているわけではない、歯磨きもきちんとしている、虫歯もなさそうだ・・・原因がわからず、「でも病院に行くほどのことだろうか?」と治療に関して右往左往している時に、ほとんど気休め程度に購入して子供に食べさせました。

味も形状もラムネのようで、おやつ代わりになっていましたが、食べ始めてから次第に口臭がおさまっていったのです。

口臭ケアの選択肢の一つとして有効だと感じました。

ただし、口臭ケアサプリではなく、ミント味のタブレットなどその場しのぎの口臭ケアアイテムは、根本的な解決にならないのでおすすめできません。
強い香料は子供が口臭ケアを敬遠する要因になる可能性もあるため、避けたほうが良いでしょう。

大人の口臭対策にも共通して言えることですが、口臭対策には原因に応じた対処法・予防法が必要であるため、根本的な解決を見据えて改善策を選択する必要があります。

幼児(1歳、2歳、3歳)の口臭の主な原因と対策

1歳2歳3歳の頃の口臭は、ほとんどの場合が一過性のもので、時間とともに気にならなくなります。

しかし、「いつもにおいがする」「ずっと口臭が続いている」と感じたら、口内や体に何らかの異変が起こっていることがあります。

自分自身で口臭に気づき、ケアをしたいと言い出す年齡ではありません。
周りが注意をして、口臭の原因を取り除いてあげる必要があります。

寝起きににおいがきついと感じる場合は、口呼吸によるドライマウスが原因であることがあります。
子供は本来大人よりも唾液量が多いので、口内で雑菌が繁殖しにくい環境であるはずです。
しかし、口呼吸によってドライマウスになると、口内で雑菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因となります。

鼻呼吸を促すほか、十分に水分を取るよう心がけ、口内が乾かないようにしてあげることも効果的です。
(ジュースなど甘い飲み物は虫歯の原因になることもあるため、水やお茶などで水分補給をするようにします。)

虫歯や歯周病、舌の汚れもこの時期の口臭の原因として多く見られます。
うまく歯磨きができず食べかすが歯や歯の間にたまることによって嫌なにおいを発します。
もちろん、歯垢や虫歯、歯周病も口臭の原因となります。

日々大人が仕上げの歯磨きをしても、完全に汚れが取り切れないということは珍しくありません。

歯科では正しいブラッシングだけでなく、今の歯磨きでどのあたりがきちんと磨けていないかなどの指導を受けることもできます。

歯科は、子供がブラッシングを学ぶと言うだけではなく、仕上げの歯磨きで大人が気をつける箇所を見直すためにも有益です。

舌の汚れは無理やりすべて取る必要はありませんが、同年代の子供と比較して明らかに「白い」「汚れている」場合は、専用のブラシで優しくケアをします。
歯磨きのように強くこすってしまうと、傷をつけてしまうことがあるので、大人が代わってケアを行うと良いでしょう。

便秘下痢も口臭の原因として注意しなければなりません。

便秘や下痢という症状を理解しにくいこの年代は、排便の状況を周りがきちんと把握してあげることがとても大切です。
排便の状況や便の状態は、体の調子をてきめんに表します。

薬は子供にとって刺激が強すぎる場合があるので、便秘解消につながる食事や、しっかりと体を動かす遊びなどをさせることによって便秘を予防・解消してあげましょう。

あまりにも便秘がひどい場合は、病院で便秘の解消・改善について相談し、子供に負担がなく正しい方法で治療を行ってください。

4歳、5歳、6歳、7歳・・・そして中学生の子供の口臭対策は

幼稚園保育園小学生中学生ともなると、先生や友達など家族以外の人と接する機会が格段に増えるため、口臭ケアはより欠かせないものとなります。

4歳5歳6歳7歳という多感な時期は、他人にズバリと口臭を指摘されたり、いじめなどの原因につながることも少なくありません。

小学校高学年、中学生にもなると周りだけが気づいていて会話を敬遠されてしまう、また、自分で気づいてもどうしたらよいかわからず一人で抱え込んでしまうなど、これまで以上に大きな悩みとなることがあります。

一番近しい家族が一番の味方になって、口臭のケアについて一緒に考え、改善していきましょう。

この時期、特に4歳、5歳、6歳、7歳に起こる口内の変化といえば、歯の生え変わりです。

新しい歯に生え変わるのであれば口内も清潔に生まれ変わる機会なのでは?というイメージもありますが、実はその逆で、歯の生え変わりが口臭の原因になることがあるのです。

まず、新しい歯が生えることによって、口内の歯周病菌が活発化し、歯周病になりやすくなります。

さらに、新しい歯でも生えたての頃はエナメル質が薄い状態であるため、虫歯になりやすいと言われています。

歯の生え変わりの時期にこそ、歯磨きを怠らずしっかりとブラッシングして歯周病や虫歯の原因を取り除かなければなりません。

また、生え変わるからと言って乳歯のケアを疎かにすると、これが永久歯に影響することもあるので注意が必要です。

口臭対策としてはもちろんですが、これから一生付き合っていく永久歯をケアすることはとても大切です。

歯の生え変わりが終わる小学生、中学生の期間に口臭を引き起こす原因として挙げられるものに、矯正があります。

見た目の歯並びを整えるためという目的もあれば、何らかの原因によってうまく歯が生えてこず、矯正を余儀なくされる場合もあるでしょう。

歯を矯正すること自体もストレスになる上、矯正器具に食べかすが付着・蓄積することによって口内環境を悪化させてしまい口臭を発することがあります。

矯正器具を清潔に保つことはもちろん、矯正中の歯磨き・ブラッシングを正しく学びケアすることが重要になります。

さらに、自分でブラッシングをするようになるこの時期は、虫歯にも注意が必要です。
虫歯イコール歯が黒くなる、というだけではなく、白い虫歯が存在することも覚えておきましょう。

見た目にはわからないけれど実は虫歯だった、ということは少なくありません。
痛みを感じたときはもちろん、定期的に歯科健診などを利用して虫歯予防に努めることが口臭対策になります。

大人同様の食生活に近づく時期ですが、まだまだ未発達な部分もあり、美味しく食事を食べているようで実は胃腸がこれをうまく消化できていない、ということもあります。

においの強いものでも好んで食べるようになると、大人同様に食材を原因とした口臭を発することもあるでしょう。

幼児期と変わらず口内の環境悪化や、ドライマウスの可能性もある時期です。
口臭の原因を見極め、適切な対応をしてあげてください。

子供の口臭<まとめ>

口臭を指摘されることは、子供にとっても避けたいことです。

特に、友達など家族以外から指摘された場合、誰にも相談できず少ない知識で無理な改善を試みようとすることも少なくありません。

口臭は、原因を知ってそれに沿った対策をすることで効果的に改善することができます。
親や家族が気づき、子供と一緒に効果的な口臭改善に取り組めることがベストでしょう。

子供の口臭はけして珍しいものではなく、歯磨きがうまくできていなかった、体調不良になったなど些細な事で起こりえる症状です。

子供の口臭の原因として特に挙がるドライマウスは、口内の乾燥によって雑菌の繁殖・虫歯・歯周病・膿栓の原因につながり、口内環境を悪化させる大元と言っても過言ではありません。

歯磨きや食生活・生活習慣の改善はもちろんですが、現代では子供の口臭ケアが大きく注目されており、子供向けの口臭予防サプリの開発も進んでいます。

使用成分の安全性も確認されており、安心して使用できるものが多く販売されています。
生活習慣を変えることや病院への通院をすぐに実施することが難しいという方でも、普段のケアにサプリを取り入れることで、改善や予防がより効率的に進められるでしょう。

口臭は大人であっても悩むエチケット問題です。
まさか自分の子供が口臭を発するなんて、と悲観せず、風邪を引いたら看病するのと同様、口臭を感じたらケアを考えてあげればよいのです。

また、子供の頃に口臭を体験したことによってケア方法が知識になりますので、おとなになってからも口臭ケアを気にかけて過ごすことができます。

子供の口臭に気づいたら、正しいケア方法、そして再発防止のための予防を大人が一緒に考え、実施していきましょう。


■子供専用口臭サプリ「チルドブレッシュ」

【チルドブレッシュ】口コミでわかる!子供の口臭しっかり対策する方法
⇒「チルドブレッシュ」公式サイトはこちら 子供の口臭サプリ 口コミでわかる本当の実力! チルドブレッシュは子供向け口臭対策...

■子供も使える「口臭サプリランキング」

【口臭サプリランキング】2018年最新データ「今買い」はコレ!
※2018年2月24日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…