口臭の原因と対策ケアは口コミからもわかる?!予防のための第一歩

あわせて読みたい

【口臭サプリランキング】ネット通販限定!口コミでわかる!本格対策

口臭の改善方法ランキング+体のニオイ対策(サイトトップ)

口臭の原因

口臭の原因

口臭の原因の80%は「口の中」にあると言われています。

ただ、しっかり歯磨きをしたり、マウスウォッシュを行っていても、何故か口臭になってしまう。というパターンありますよね。

ここでは「口臭の原因」を徹底的に解説。
流し読みでも「もしかしたらコレかも」というものがあると思いますので、原因がわかれば、すぐに対策あるのみ!です。

・舌苔(ぜったい)

舌苔という口臭の原因

厚生労働省では「歯周病」と二分する口臭の原因が「舌苔(ぜったい)」であると発表しています。

舌苔は舌の表面に細胞がはがれ落ちたものや食べカスなどに細菌などが繁殖してできたもの。

舌苔がそのまま口臭の原因につながります。
舌苔は口腔内の乾燥や口呼吸による扁桃腺の炎症などが原因で発生します。

また一度舌苔ができると舌そのものが汚れてしまうため、更に舌苔ができやすくなります。
このため、舌苔が慢性化してしまうわけです。

関連記事
【舌苔の取り方】NGな方法有!臭いも除去できる正しい対策ケア!

※舌磨きのおすすめジェル+ブラシ!口臭減らす正しい方法3選

参考サイト:e-ヘルスネット(厚生労働省)「口臭の原因、実態」


・歯周病

歯周病

口臭の大きな原因の一つでもある歯周病
その歯周病菌によって口臭がは発生します。

歯周病になってしまうと歯茎からの出血、膿が出たりするため、口臭がひどくなっていきます。

歯周病は口臭の原因になるのに、当初自覚がありません。
水面下で静かに進行していくのですが、歯磨きした時のちょっとした刺激で出血するなど、兆候に気づけた時点で早めに歯科医で受診することが大切です。


・虫歯

虫歯

虫歯になると、できた穴などに食べかすなどが詰まりやすくなります。汚れや歯垢が取りきれないと菌が繁殖し、発酵・腐敗により口臭の原因になります。

虫歯は進行していくので、穴が大きくなり、出血や膿が出る危険性もあるため、口臭が加速度的にひどくなってしまいます。

虫歯ではなくても、歯に傷があったり、隙間に食べ物などが詰まりやすいと同様に腐敗臭などで口臭の原因につながる場合があります。


・歯垢(プラーク)、歯石

歯垢・歯石

歯垢(しこう)」と聞くと「歯の汚れ」としかイメージできなかかもしれないのですが、本当は歯に付着した「細菌や代謝物の塊」。
虫歯菌や歯周病菌が潜んでいる可能性もある上、歯石になってしまうと口臭の原因になります。

歯垢が歯石になってしまう原因は唾液中にあるリン酸イオンとカルシウムイオンが結合してプラークに取り込まれることで「石灰化」します。これが「歯石」になるのですが、一度歯石がついてしまうと歯科医で削り落とす以外の方法しかなくなってしまいます。
またこの歯石、歯垢には多くの細菌が繁殖しているため、口臭の原因、元凶ともいえる存在になるわけです。

細菌そのものも口臭の大きな原因ですが、細菌の中の虫歯菌、歯周病菌により、それぞれの症状が出てしまうと出血、膿などさらに口臭の原因となる環境になってしまいます。


・唾液の減少(ドライマウス)

ドライマウス

口臭予防で重要とされている「唾液」。
唾液の分泌が減少してしまうと口腔内の汚れや雑菌を洗い流すことができず、不衛生になり、虫歯、歯周病、舌苔など口臭の原因に直接つながるような状態に陥ってしまいます。

唾液の減少は加齢、ストレス、緊張、口呼吸、薬の副作用などで起こります。

現在では子供の「口呼吸」も問題になっておりドライマウスになってしまった子供がひどい口臭に悩まされてしまう事態になっています。


・ホルモンバランスが変動した時

妊娠によるホルモンバランスの変化

女性の場合、生理や妊娠、出産、授乳時など女性ホルモンの乱れが起こりやすく、一般的にもストレスや睡眠不足などでも乱れてしまう可能性があります。

女性ホルモンが乱れてしまうと唾液の分泌量が減少してしまうため、口の中の雑菌、食べかすなどの汚れを洗い流せず、不衛生な口の中になります。

唾液の減少だけでも口臭の原因になりますが、細菌バランスも崩れてしまうため、舌苔、虫歯、歯周病、歯肉炎など口臭につながる症状が発生してしまう可能性があります。


・入れ歯、差し歯など

入れ歯

差し歯の場合、保険適用で比較的安価に作れるプラスチック製の「硬化レジン」を使用します。

このレジンという素材には細かい穴が開いているため、唾液や細菌などが入り込んでしまいます。
このため、普段の歯磨きなどでは取り切れない臭い成分が口臭の原因になる場合があります。

また差し歯と歯茎の間に隙間できてしまうことでも、口臭につながる場合があります。

歯の隙間や歯周ポケットなどに汚れが入り込み歯周病、歯肉炎、虫歯の原因になるので、そのまま口臭が増幅してしまう原因になります。
入れ歯の場合は例えば部分入れ歯の場合、支えている自分の歯の汚れによって口臭が発生している可能性があります。

ブリッジをかけるために針金がある場合にはその周辺に汚れがつきやすいため、不衛生な状態となり細菌が発生して告集へとつながります。

総入れ歯、部分入れ歯の場合も同様に「入れ歯自体が原因」の可能性があります。
入れ歯の洗浄自体がうまくいっていないと、入れ歯自体が臭ってしまい、それが口臭となります。

また入れ歯が合わなかったり、かみ合わせがうまくいっていないと「咀嚼(そしゃく)」がうまくいっていないと唾液の分泌量が少なくなり、汚れや細菌が洗い流せずに口臭につながります。


・口腔ガン

口の中の病気

タバコや飲酒、合わない入れ歯や被せ物によってリスクが高まる口腔ガン。

初期症状のうちに発見すれば簡単な治療で治すことが可能です。
自覚症状として、口腔内の痛み、しこり、腫れ、ただれ、出血、歯のぐらつき、「口臭」があります。

少しでも気になる点があれば、まずはかかりつけの医師に相談してみてください。


・鼻やのどの病気

耳鼻咽喉系の病気が口臭につながる

口臭を感じる場所が口の中というわけではなく、「喉から鼻に抜けるような臭いがある」という場合はのどや鼻に異常がある場合があります。

のどの場合は、膿汁(のうじゅう)や淡が原因になっている場合が多いのですが、これは次の疾患が原因になっています。

  • 風邪
  • 蓄膿症(副鼻腔炎)
  • アレルギー性鼻炎
  • 咽頭炎など

・膿栓、臭い玉

膿栓も口臭の原因

膿栓(のうせん)、臭い玉(くさいたま)は細菌やウイルスの死骸や食べかすが扁桃の穴に付着することで発生します。

膿栓自体は通常、くしゃみや食事、うがいの際に自然に排出されることが多いのですが、唾液の分泌量が少なかったり、口呼吸や鼻の疾患によって膿栓ができやすい状態にあると、そのまま口臭につながる可能性があります。

また膿栓の取り方を安易にネット調べてしまい綿棒などで無理やり取ろうとしてかえって悪化してしまった、という方が多いのも事実。
膿栓が悪化すると複数できやすくなったり、粒が大きくなってしまう傾向があり、口臭の原因につながります。

関連記事 膿栓(のうせん)、臭い玉の取り方」間違った取り方だと悪化する?!

臭い玉の取り方はネット上で多くの情報が散見されていますが、危ない情報ばかりが先行していて実体験があるものとしてはヒヤヒヤしています。臭い玉の取り方の中で一番安全な方法をお知らせしています。筆者の体験談も必見です。

・ニオイの強い食べ物を食べた時(血液中の臭い)

臭いの強い食べ物が口臭の原因につながる

臭いの強い食べ物(にんにく、ニラなど)や飲酒した後に消化吸収された「ニオイの成分」が血液中を通り、肺から「呼気(こき:吐く息)」として外に排出されるため、口臭になる場合があります。


・空腹時、疲労時

緊張時の口臭

お腹がすいた時疲労感を感じている時に「肝臓」が体にエネルギーを送るため「ケトン体」という物質を血液の中に放出します。
こちらもニオイの強い食べ物を食べた時と同じように、肺から呼気として排出されるため口臭となる場合あります。

ケトン体のニオイの特徴としては甘酸っぱい臭いであるという点です。


・便秘

便秘の毒素が口臭へ

便秘になると排泄物が腸内に長くとどまるため、排泄物の腐敗がはじまり、有害物質(ニオイの元)が発生します。
この間、腸内環境が悪くなり、悪玉菌優位の状態になっていきます。

逃げ場を失った有害物質が血液中に溶け出し、肺から呼気として排出されるため、口臭の原因になります。
便秘は口臭だけではなく、様々な体の不調の原因になるので、口臭対策の前に、便秘改善をはかるほうが先決でしょう。


・逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎は胃液が食道に逆流することで起きる病気です。
強い酸の逆流は食道の粘膜、ニオイや食べたものの逆流を防ぐ働きをしている「下部食道括約筋」などが炎症を起こし、酸っぱい感じの口臭につながります。


・様々な病気による可能性

内臓の病気のニオイが呼気として口臭になる

呼吸器系の病気、肺がんや肺腫瘍。消化器系の病気、胃がんや食道気管の炎症など。また耳鼻咽喉系の扁桃炎、咽頭腫瘍、咽頭がんはたんぱく質の壊疽(えそ)臭がする場合があります。
壊疽臭は腐敗菌により悪臭を放つものなので強い口臭の元になります。

糖尿病では前述の「空腹時、疲労時の口臭」同様にアセトン臭の甘酸っぱい口臭がする場合があります。
また肝硬変、肝臓がんでは他の臓器の「たんぱく質の壊疽臭」ではなくアンモニア臭、ツンとくるような口臭につながるのが特徴です。

病気の傾向、気になる点などがあれば早めに病院を受診することが先決です。

口臭の種類

口臭の種類

ここでは口臭の原因のおさらいともいえる「口臭の種類」についてお知らせしています。

「気にしなくても良い口臭」から「すぐに対策が必要な口臭」と様々ですが、もし、病気の兆候があるようでしたら、口臭対策より先に病院での受診が先決。

また口臭はニオッた時だけ対策するのではなく、「予防」もとても重要です。

口臭のタイプがわかったら早めの予防対策したいですね。

・生理的口臭

生理的口臭

口臭は時間でも変動する点や、無臭にすることは難しい点など「誰にでも少なからずあるもの」です。
朝起きた時の「起床時口臭」やお腹がすいた時の「飢餓口臭」。
緊張した時など口の中の唾液の分泌量が減少した時に起こる「緊張時口臭」の際に口臭は強まる傾向にあります。

口臭が強まる大きな原因は「唾液の分泌の減少」にあります。
唾液が少なくなると口の中に細菌が繁殖。口臭の原因物質「揮発性硫黄化合物(VSC)※1」が多く作られてしまうため、強い口臭になります。

生理的口臭は「一時的」なものがほとんど。
歯磨きや食事などで口の中が清潔、唾液の分泌量が増加することでおさまります。

また女性の生理、妊娠・出産・授乳期などホルモンバランスの変化による口臭や子供成長段階での口臭や成人、老齢期などそれぞれの年代別の口臭、体臭が発生する場合もあります。


・飲食物や嗜好品による口臭

飲食物や嗜好品の口臭

ニオイの強い食べ物を食べた時には血中にニオイ成分がまわり、肺に到達すると呼気として口臭になる場合があります。

こちらも「一時的」なものが多く、消化吸収、排出によりニオイは自然と薄れていきます。


・病的口臭

病的口臭

呼吸器系、消化器系、耳鼻咽喉系の病気や糖尿病、肝臓疾患などが原因の口臭もありますが、口臭の原因の80%は「口の中」にあります。

虫歯や歯周病、舌苔や膿栓(臭い玉)など口の中が不衛生で起こる病気により口臭が発生します。


・ストレスによる口臭

ストレスによる口臭

通常は健康な人だと1日1~1.5リットルの唾液が分泌されます。
人間がストレスを感じるとリラックスしている時と比べて約3割も唾液の分泌量が減少してしまいます。

また「緊張時」特有のネバネバした唾液が分泌されてしまうため、口臭につながる場合があるのです。


・心理的口臭

心理的口臭

実際には特に問題になるような口臭ではないのに、「私は口臭持ちだ…」と自分で極端に気にするようになるのが心理的口臭です。

過去に口臭を指摘されてストレスになったパターンや、様々な人生的な背景、強いストレスなどが原因と推測されます。

病院の受診の中で「歯周病など口の中が不衛生での口臭ではないこと」「臓器の炎症や病気による可能性が極めて低いこと」など自分で思い込んでいる「口臭の原因」を専門家に判断してもらうことで、徐々に「口臭の原因がないこと」を認識していくことが大切になります。

参考:Google文献「心理的口臭」


■知っておきたい「揮発性硫黄化合物(VSC)」

口臭の成分VSC

口臭に含まれている不快な臭いの成分は20種類ある中、特有の臭いを発するのが「揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ):VSC」です。

  • メチルメルカプタン:たまねぎが腐ったような臭い
  • 硫化水素:卵が腐ったような臭い
  • ジメチルサルファイド:キャベツが腐ったような臭い

この3つの「ガス」がVSCを形成する非常に不快な臭いの元。
ガスの原因は口の中の嫌気性菌(けんきせいきん)という酸素を嫌う細菌が死んだ細菌やはがれた粘膜上皮、食べかすなどのたんぱく質成分を分解して発生します。

参考:Google文献「揮発性硫黄化合物」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で