ペットの口臭予防にはサプリで対策!しっかりケアして改善へ!

ペット専用の口臭予防サプリメントがある?!
しっかりケアしてかわいいペットと過ごしましょう♪

ペットの口臭
犬猫問わずペットというのは抱きついてきてくれたり、なめてきたりととても癒されるものですよね。

ただ「口臭」があると、状況は一変してしまいます。

飼っている側からどうしても「口が臭いから…」という理由でふれあいが少なくなってしまうとペットも「愛情不足」になってしまいます。

ここではペットの口臭予防の「基本的なケア」と現在多くの人が利用されているおすすめの「ペット専用口臭サプリメント」について説明しています。

⇒犬専用の口臭対策の記事はこちら

⇒猫専用の口臭対策の記事はこちら

ペットの口臭の基本的な予防方法

歯磨きや舌の状態を確認する。

今まで、ペットの歯磨きなどは行わず、「歯磨きガム」や「歯磨きシート」などを利用していた場合は日ごろのケアを見直してみてください。

歯磨きが習慣化していないと、歯の汚れがとれず、歯周病などによって口臭が発生している場合があります。
ただペットが健康体である場合、歯磨きをしなくても口臭が発生しない場合も多いのが事実です。

そこで、ペットの「舌」をチェックしてみてください。

人間でも「ドライマウス」が原因の口臭が多いように、ペットの口内バランスが崩れていると「舌の上のコケ」である「舌苔(ぜったい)」が付着するようになります。
水分などを多く摂取できるようにするなどの改善と、定期検診の際に医師への相談をして、改善をはかっていくのがベストです。

また動物病院に行く機会がある時に「ペットの歯磨き方法」をアドバイスしてもらうのも一つの手です。

ペットの体内環境による「口臭の原因」。

ペットも年を重ねていくうちに自然と胃腸が弱まってくる場合があります。

例えば腸が悪い場合にはしっかりと消化しきれていない排泄物からニオイの原因となる成分が発生して、血液中にとけてしまうと結果的に肺から「呼吸」として臭いが出てきてしまいます。

定期的な検診はもちろんですが、ペットの年齢に応じて、サプリメントや健康をサポートするフードを試してみるなど、積極的な「日常」の改善が求められます。

まとめ:ペット用の口臭予防に一番大切なもの。

ここまで、ペットの口臭で一番多い「口内環境」と、少なからず口臭の原因となる「体内環境」、冒頭では「ペット専用の口臭サプリメント」について説明させていただきました。
筆者の経験からして、おそらく

「定期検診も行っていて問題ないし、口臭予防ケアの基本的なことはできている」

という飼い主さんがほとんどなのではないでしょうか。
ペットは言葉が話せないので、

「口臭がきつくなってきたから、しっかり対策してよ~」

とはもちろん言えません。

ペットの口臭予防に一番大切なものは、
飼っている側がペットの気持ちを理解してあげる。
これが一番です。

服やじゃれあう遊び道具よりも、「健康第一」で考えてあげて、「口が臭いと歯磨きが必要なかなぁ」とか、「病気だったらいけないから動物病院に一回電話してみようかなぁ」という感じでペットを気にかけてやることが重要です。

⇒犬専用の口臭対策の記事はこちら

⇒猫専用の口臭対策の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で