ペットの口臭予防にはサプリで対策!しっかりケアして改善へ!

ペット専用の口臭予防サプリメントがある?!
しっかりケアしてかわいいペットと過ごしましょう♪

ペットの口臭
犬猫問わずペットというのは抱きついてきてくれたり、なめてきたりととても癒されるものですよね。

ただ「口臭」があると、状況は一変してしまいます。

飼っている側からどうしても「口が臭いから…」という理由でふれあいが少なくなってしまうとペットも「愛情不足」になってしまいます。

ここではペットの口臭予防の「基本的なケア」と現在多くの人が利用されているおすすめの「ペット専用口臭サプリメント」について説明しています。

⇒犬専用の口臭対策の記事はこちら

⇒猫専用の口臭対策の記事はこちら

ペットの口臭予防でおすすめのサプリメント「抱っこMe DE+」とは?

「ペットの基本的な口臭予防ケア」については目次からご覧いただきたくとして、ここではまず「ペット専用に開発された口臭予防サプリメント」についてふれていきます。

このサイトで本当に犬猫問わず「ペットの口臭対策をするならこのサプリメント!」ということでおすすめできるのが「抱っこMe DE+」です。
「抱っこMe」は読み方として「だっこみー」になります。

抱っこMe
⇒「抱っこMe DE+」公式サイトはこちら

今までペット用の口臭予防サプリを使用したことがなく、その上、日ごろの基本的な口臭予防ケアをしている。という方にも多く使用されているのがこのサプリメントです。
なぜ「抱っこMe DE+」が選ばれているのか。
次から詳しく説明していきます。

「抱っこMe DE+」が選ばれる3つの理由。

ペットの口臭対策としてぜいたくな「消臭成分」配合だから!

「モリンガ」というと聞きなれない成分かもしれませんが、ヒトが利用している「口臭予防サプリ」には必ずといっていいほど配合されている成分の一つです。

自然由来の成分で「スーパーフード」としても有名ですが、注目すべきはその「消臭力」の強さ。

このモリンガを犬猫用に抽出することが成功した「抱っこMe DE+」は唯一無二のサプリメントです。
「シャンピニオン」という成分はよく動物病院に「ペットの排泄物のニオイ」に悩まされている方が処方される成分の一つです。

シャンピニオンを服用していくことで、フンやおしっこなどのニオイが軽減されていくので、「ニオイの元」から少なくしていくことができるワケです。

口臭だけじゃない!「栄養成分」配合だから!

ペットの口臭は、少なからず体調不良によるものも含まれています。

元々ペットに備わっている「健康」を底上げするためにも、「栄養成分」配合はうれしい作用をもたらしてくれます。

・DHA:ドコサヘキサエン酸配合でペットの「脳」に働きかける!

DHAはヒト用のサプリメントでも有名ですが、ペットも人間同様に老犬、老描になっていきます。
いつまでも健康で、楽しいペットライフを送るために「ボケ防止」や「視力の低下」を防ぐためにDHAが役立ちます。

・EPA:エイコサペンタエン酸配合でペットの「健康」を保つ!

こちらもDHAと一緒に配合されることの多い成分です。
ペットも「中性脂肪」や「悪玉コレステロール」が増えると体調不良になりやすくなります。

健康を保つこと、これが結果的に「ペットの口臭予防」につながるためのうれしい成分です。

・タウリン配合でペットの「元気」を保つ!

タウリンは滋養強壮などの栄養ドリンクのコマーシャルでも有名な成分です。

必須アミノ酸の一つであるため、これが欠乏してしまうと猫は目が見えなくなったり、心臓の病気になってしまう可能性があります。
このタウリンの配合によりペットの「元気」を保ち、健康な体をサポートする役割があります。

買い方のプランが豊富なのでしっかり「口臭対策」ができる!

「抱っこMe DE+」は通常購入も可能ですが、お得になるのは、定期購入、もしくは「まとめ買い」がお得です。

筆者の場合は猫用の「キャットフード」感覚で利用したいので、定価4,500円(税込)が5個セットだと一つあたり半額以下の1,980円で利用できるため、これにしました。
人間もそうですが、ペットの「口臭予防」というのも、ちょっと試して終わりにしてしまうと「口臭」がぶり返してきます。

口臭対策を行うならしっかり継続して行うことが重要なので、通常購入で少しの期間を行うのではなく、「定期購入」もしくは「まとめ買い」をおすすめします。
実際に「ペットの口臭問題」に悩まれている飼い主の方は多く、動物病院で診てもらうか、日ごろのケアを見直してみようか、など方法がわからずにさらに悩んでしまう場合があります。

いずれにしても「ペットの口臭」というのは再発しやすいものですから、ペット用の「常備薬」のような感覚で「口臭サプリメント」を用意しておくと安心です。

ペットの口臭の基本的な予防方法

歯磨きや舌の状態を確認する。

今まで、ペットの歯磨きなどは行わず、「歯磨きガム」や「歯磨きシート」などを利用していた場合は日ごろのケアを見直してみてください。

歯磨きが習慣化していないと、歯の汚れがとれず、歯周病などによって口臭が発生している場合があります。
ただペットが健康体である場合、歯磨きをしなくても口臭が発生しない場合も多いのが事実です。

そこで、ペットの「舌」をチェックしてみてください。

人間でも「ドライマウス」が原因の口臭が多いように、ペットの口内バランスが崩れていると「舌の上のコケ」である「舌苔(ぜったい)」が付着するようになります。
水分などを多く摂取できるようにするなどの改善と、定期検診の際に医師への相談をして、改善をはかっていくのがベストです。

また動物病院に行く機会がある時に「ペットの歯磨き方法」をアドバイスしてもらうのも一つの手です。

ペットの体内環境による「口臭の原因」。

ペットも年を重ねていくうちに自然と胃腸が弱まってくる場合があります。

例えば腸が悪い場合にはしっかりと消化しきれていない排泄物からニオイの原因となる成分が発生して、血液中にとけてしまうと結果的に肺から「呼吸」として臭いが出てきてしまいます。

定期的な検診はもちろんですが、ペットの年齢に応じて、サプリメントや健康をサポートするフードを試してみるなど、積極的な「日常」の改善が求められます。

まとめ:ペット用の口臭予防に一番大切なもの。

ここまで、ペットの口臭で一番多い「口内環境」と、少なからず口臭の原因となる「体内環境」、冒頭では「ペット専用の口臭サプリメント」について説明させていただきました。
筆者の経験からして、おそらく

「定期検診も行っていて問題ないし、口臭予防ケアの基本的なことはできている」

という飼い主さんがほとんどなのではないでしょうか。
ペットは言葉が話せないので、

「口臭がきつくなってきたから、しっかり対策してよ~」

とはもちろん言えません。

ペットの口臭予防に一番大切なものは、
飼っている側がペットの気持ちを理解してあげる。
これが一番です。

服やじゃれあう遊び道具よりも、「健康第一」で考えてあげて、「口が臭いと歯磨きが必要なかなぁ」とか、「病気だったらいけないから動物病院に一回電話してみようかなぁ」という感じでペットを気にかけてやることが重要です。