「口が臭い?!」ショック!パターン別口臭予防対策の全て【目次アリ】

「口が臭い?!」

本当は自分もまわりも気づいてる!
今すぐ始めるパターン別「口臭予防対策」

口臭対策予防

※2018年9月14日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…

人からは指摘されにくい「口臭」ですが、時として友達や子供、孫などから

「お口くさぁ~い!」

と言われてショックを受けることもあります。

自分の口臭を「自覚」してしまうと、まわりの人の目線や仕草も気になってきます。

・話しかけると口元に目線を感じる。

・自分が話はじめると、相手が鼻に手をやる。

・ミントタブレットをすすめられる。

・笑いの集団に混ざろうとすると、笑いがとまる。

・エレベーターの横の人が息をとめている。

などなど…口臭があるせいで、自分もまわりもイヤな気分にさせてしまうのって正直きついですよね。

口臭は状態によって予防対策方法が違います。

ここではわかりやすく「パターン別」にして、口臭をどのように対策して、今後また臭くならないように予防したら良いのか説明しています。

(各パターン別の対策ポイントは通常のマウスケアができていることを前提に解説しています。
通常のマウスケアは特殊なことではなく、歯磨きやうがいなどが習慣化していれば問題ありません。)

内臓(臓器)など体内からのニオイ。

胃腸からのニオイは予防できるのか。

「最近、胃腸が弱くて口臭もきつくなってきた…」と感じる方の中には、「慢性胃炎」を持っている方、「逆流性食道炎」を患っている方が含まれます。

慢性胃炎も逆流性胃炎も場合によっては胃酸(呑酸)が喉奥(勢いによっては口内まで)逆流してくるため、それが原因で「口臭」になる場合があります。

ただ、病院でしっかり受診して「慢性胃炎」「逆流性食道炎」と診断された方以外は、思い過ごしの場合もあります。

厚生労働省のサイトから引用した一節に、

口臭の大部分(80%以上)は口腔内の気体由来であり、

とあります。

基本的には口の中(口腔内)が原因で口臭が発生するのですが、「今自分が気になっている部分」として胃や腸の弱まりや痛みと「口臭」をつなげてしまう場合が少なくありません。

ただ臓器の不調により、くさいニオイを含んだ成分が血中に存在する場合、「肺」から「息」として体外に放出されるので、「歯磨きをしてもとれない口臭」となってしまう場合があります。

「胃や腸のニオイが口まで上がってくる。」と勘違いされる方の多くは「肺からのニオイ」である可能性があります。

胃腸系の口臭対策ポイント

胃腸に関する病気と診断されている場合は、まず治療に専念してください。
その間の口臭対策は、習慣的な歯磨きやうがいなどのマウスケアを心がけていただき、口臭が特にきつい場合には「服用している薬に影響しない程度の」対策をしてください。

例えば、コンビニやドラッグストアで手に入るミントタブレットや口臭予防スプレーなどです。
一時的に胃腸が弱まっている、そういう気がするという場合は、痛みなどを伴う場合はまず、病院に。

それ以外の心配なさそうな場合には、日ごろ習慣化しているマウスケア以外に、プラスアルファの対策として「口臭対策用のサプリ」も検討してみてください。

口臭を予防できるサプリメントは、体の中から「口臭の原因になる元」を軽減するために作られています。

これは「胃腸が弱まっている場合」ではなくても、日ごろから口臭予防を心がけている人たちにも選ばれている方法の一つです。

※2018年9月14日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…

肝臓が悪くて口臭になることはあるのか。

肝臓は体内の毒素などを分解して、体に影響が出ないように無害化してくれる臓器です。

通常はニオイが強い食べ物を食べたり、体調不良、ホルモンバランスの崩れなどがあっても、肝臓が正常に機能している限り、口臭につながることはありません。

しかし、「肝臓が不調の場合」は「ニオイ成分」を分解してくれないので、血液の中に溶け込んでしまいます。

こうなると、全身にニオイ成分が行き渡り、「体臭」や「口臭」の原因になる場合があります。

肝臓系の口臭対策ポイント

まずは肝臓の機能が低下した原因を探ります。
例えば…

・お酒を飲む機会が増えている。

・長時間の労働や運動など、体を酷使している。

・油もの、味の濃いものを食べ過ぎている。

・食事の量が多い。

など「肝臓に負担をかけているかもしれない」項目を思い返してみます。

基本的にはその面を改善すれば、「肝臓が原因になる口臭」は予防できる可能性が高まります。

肺の中から?!「呼吸が臭い」場合。

前述の「胃腸」「肝臓」系が口臭の原因かもしれない場合、でも触れていますが、「内臓系」が弱まっていたりすると、ニオイ成分が血中にとけこみ、体内をめぐるため、結果として「肺」から呼吸の「息」として口臭を感じる場合があります。

また「肺膿瘍」など肺に膿(うみ)が溜まってしまう病気やその他の肺疾患により、口臭につながる場合もゼロではありません。

この場合には他の症状、発熱やセキ、呼吸困難などを生じるので、病院での受診をおすすめします。

肺関連の口臭対策ポイント

もし、肺の異常を感じる場合には病院での受診が先決。

肺の異常以外で、一時的に空気が悪い場所にいたり、天気など気圧の関係で不調を感じていただけかもしれない場合には、通常のマウスケアで十分防ぐことができます。

またプラスアルファの対策として、口臭予防のためのサプリメントもアリです。

※2018年9月14日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…

血糖値の上昇が「口臭」につながるのか。

糖尿病までいかなくても、慢性的に血糖値が高いなど「糖尿病予備軍」となっている場合、「アセトン臭」と呼ばれる果物が腐って酸っぱい口臭を発する場合あります。

これは過剰なダイエットなどでも発生する場合があるので、特に若い女性などは注意が必要です。

血糖値関連の口臭対策ポイント

基本的に「血糖値の上昇」が口臭の原因になっているかもしれない場合には「食生活の見直し」や「適度な運動」を心がけてください。

年末などお酒を飲む機会が増えていて、「一時的な血糖値の上昇」であっても、その後の食生活で「味つけの濃い食べ物」などを多くとってしまうと、血糖値が下げることができません。

今は「口臭」というものが気になっていても、「糖尿病」予防の一環として生活改善が必要な対策となります。

歯医者関連の口臭。

親知らずなどを抜歯した後の口臭。

虫歯などで抜歯した後というのは歯茎から血液が出て口臭の原因になる場合があります。

また「親知らず」を抜歯したとというのは通常の歯よりも大きく歯ぐきが痛んでいる状態なので、口臭が出る期間も長くなる傾向にあります。

出血が止まらない場合には医師に相談するのが適当ですが、「抜歯後に口の中で変な味がずっとする」という状態の場合、基本的に「うがい」以外に口臭対策をするのは適切ではない場合があります。

例えば…

・口臭予防スプレー
⇒一時的なものなので、場合によっては使い過ぎてしまう。

・ミントタブレットなど
⇒抜歯した歯ぐきの溝に詰まってしまう可能性がある。

・刺激性の強いマウスウォッシュ
⇒痛みを感じたり、「自然にふさがる」ことをしている状態の妨げになる場合がある。
その場しのぎであっても、上記3点の口臭予防関連グッズを使用する場合には注意が必要です。

また、日常的にはマスクの使用で「まわりに口臭がひろがらない」ようにするのが一番の得策かもしれません。

抜歯後の口臭対策ポイント

歯科医にもアドバイスされると思いますが、親知らずなどを抜歯した後は「いきおいよくつばを吐く」という行為はしないようにしてください。

これはうがいの時も同じで、いきおいよくつばを吐くときというのは「口の中の唾液を急速に外に押し出す行為」なので、痛んだ歯ぐきに刺激を与えてしまいます。

また「抜歯直後」は、血圧が高まるような運動などは避け、できるだけ安静にしてください。

通常の抜歯であれば、出血が収まり、歯ぐきの違和感がなくなってくるのと同時期に口臭も気にならなくなってきます。

親知らずの抜歯後は、溝が埋まるまでに時間がかかるため、口臭も長期化してしまいます。

この場合は適度なうがい(強く吐かない)とマスク。
口内が乾かないように適度な水分の摂取を心がけてください。

歯列矯正(ブリッジ使用)での口臭。

ブリッジを使用するタイプの歯列矯正では器具の間に食べ物のカスなどがたまりやすく、口臭の原因が増えてしまいます。

基本的には「食べたら磨く」を心がけて、定期的な歯列矯正のメンテナンス時に清掃していれば問題ありません。

ただ歯列矯正などブリッジなどを口内に装着していると頬の内側などを傷つけてしまう可能性があります。

それが原因で口臭につながる場合もありますので、出血や膿が出てしまうなどは矯正のメンテナンス時に矯正器具の調整や、薬の処方などを相談してください。

歯列矯正での口臭対策ポイント

歯列矯正をしている時の口臭を予防するポイントとしては、「基本、歯磨き」です。

食べたらよく口をゆすいだ後に、しっかりブラッシングします。

この時に利用したいのが、「電動歯ブラシ」です。

歯列矯正はかなりの料金がかかるので、あまり他のことにお金をかけられてない方も多いかもしれませんが、「基本的にずっとしっかり行っていく歯磨き」を支えるために「電動歯ブラシ」はとても役立ちます。

しっかりブラッシングしようとするとどうしても時間がかかります。

毎回の食事の時に歯磨きが面倒になってしまうと、口臭へとそのまま直結してしまいます。

また、予算に余裕があれば「ウォーターピック」など、ブリッジ内の汚れをとるために有効なグッズなどは「あると便利」で、口臭予防にも一役かいます。

銀歯が口臭の原因?!

銀歯は実際に「傷つきやすい素材」であることは確かなので、細かい傷に細かい汚れが付着することによって「口臭の原因」になることがあります。

また、以下にあげる項目に関しては歯科医への相談が必要です。

・銀歯を使用してから5年以上経過している。

・銀歯を被せてから、違和感を感じ続けている。

・銀歯の部分からイヤな味を感じる。

・銀歯の一部が破損している。

・銀歯がとれかかっている。

銀歯を装着直後というのは違和感もあって当然なのですが、これが続くようであれば、自分の歯の形にあっていない可能性もあります。

よく銀歯を使用してから当たり前のように10年以上経ってしまっている。という人も少なくないのですが、銀歯に使用している素材は年数によって腐敗が進む上、「現在の歯の形状」に合っていない可能性もあります。

治療途中で銀歯をとった時にかなりイヤな味を経験されたこともあると思いますが、装着してるのに、銀歯の部分から「味」がしている場合は被せ物が合っていない、年数によって腐敗が進んでいるなどの原因が考えられます。

その他「破損」や「取れかかっている」ような状態を放置せずに、早めに歯医者に行くようにしてください。

銀歯の口臭対策ポイント

銀歯が口臭につながっていると感じる場合にはまずは歯医者で相談されることをおすすめします。

また「銀歯が口臭の原因だと思って歯医者に行ったけど、問題なかった」という場合、日ごろの歯磨きやうがいの方法を今一度見直してみてください。

ごくまれに「歯科技工士」が未熟だったために、銀歯が合っていない場合がります。
これは多くの場合装着する際に歯科医側が気がつくことなのですが、「問題ないと言われたけど、銀歯の違和感がずっと続く」という場合には思い切って歯医者自体を変えるという選択肢も検討してみてください。

差し歯が口臭の原因になるの?!

前歯などの差し歯を使用した場合に「口臭」を感じる場合があります。

この原因となるのは「差し歯の素材」の可能性。「差し歯のまわりにできたすき間」の可能性と「調整中」の可能性があります。

まず本格的に使用する「差し歯」ができるまでの「仮歯」の場合は前歯など見た目を守るために使用される「一時的なもの」なので、本格的な差し歯を使用すれば問題なくなる場合が多いです。

差し歯を使用した直後も「調整が必要」な時期で、おそらく歯医者で次回の予約をとっているでしょう。

この場合も次回の予約の時に「変な味がする」「違和感がある」「口臭が気になる」などご自身が気になる点を相談してみてください。
差し歯の素材が原因で口臭を感じている場合には、何らかの味がする場合には歯科医に相談。そうでない場合には歯磨きの方法の見直しや回数の多くすることで差し歯とまわりの口内環境が清潔に保たれることで口臭が軽減されることがあります。

また、差し歯のまわりの「すき間」が原因になっている場合には本人的にわからないようであれば歯科医への相談。基本的に「調整」がうまくいってないようであれば、この場合も歯科医への相談が大原則となります。

ただ、なんとなく「差し歯にしてから口臭が気になり始めた」という段階で、上記のどれにもあてはまらないようであれば、当サイトで紹介している「シャンピニオンエキス」を配合した「口臭予防サプリ」を試してみてください。

「シャンピニオン」という成分は体内の「ニオイ成分」を元から軽減する役割があるので、よくわからない「口臭の対策や予防」にはおすすめです。

※2018年9月14日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…

歯槽膿漏が原因で口臭になった場合。

歯槽膿漏は、コマーシャルでも「聞き慣れた言葉」なので、軽視している人も少なくないのではないでしょうか。

実際に歯槽膿漏になってしまうと「歯周ポケット」にプラーク(粘着性の細菌)が増殖してしまい、最後膿まで出してしまう怖い病気です。

これは個人では完治しにくい歯周病でよく「歯槽膿漏になったら歯ぐきから血が出るほど磨いてもなおらない」と言われている通り、治しにくい病気の一つです。

歯ぐきの痛みや違和感と一緒に「口臭」が強くなってきたと感じた場合には早急に歯医者で現在の状態を見てもらってください。

虫歯や歯周病は放置すればするだけ「悪化」していきます。
また、徐々にではあってもいずれ「強烈な口臭」になる可能性が高い「歯槽膿漏」の疑いをもっていればなおさらです。

歯槽膿漏の口臭対策ポイント

「歯槽膿漏である場合」には歯科医師への相談が先決。

歯槽膿漏とまではいかないけど、未然に防ぎたいという場合は、徹底的な歯磨きの実施。
口腔内を清潔に保つように心がけるという基本的なことを「継続」させるのが重要です。

歯槽膿漏は悪化させた場合歯ぐきを切って膿を出す「フラップ手術」というものが必要になったり、マウスピースの内側に薬剤を塗って歯に装着させるケアで数万にも及ぶ出費が必要になったり、大変な思いをしないといけないようになります。

未然に防ぐためには日ごろのささいな努力が必要になってくるのです。

歯石や歯周病が原因の口臭とは。

「歯医者への定期的な通院」が出来ていない人は多くの場合、なんらかの「歯周病」、「歯石の付着」がある可能性が高いです。

毎日歯磨きをしていても、歯医者でのクリーニング以上に汚れがとれるわけではありません。

「歯石」に関しては汚れが付着しやすくなり、口臭と直結するものなので、早めに歯医者での除去をおすすめします。

「歯周病」と言っても様々なものがありますが、例えば「知覚過敏」などの場合、歯磨きの際に冷たい水でゆすぐことができずに歯磨きそのものを怠ってしまったり、ゆすぎが不十分過ぎて口内に汚れが残ってしまう場合もあります。

口臭で自覚がない期間が長かった場合や、歯ぐきの違和感、痛み、出血しやすい、など「気にはしてなかったけど、歯周病かもしれない」兆候があれば、まず歯科医で相談してください。

歯石や歯周病の口臭対策ポイント

まず「歯石」。
これは定期的な歯医者への通院をした上で「歯石がつきにくい」ようにすることは可能です。

歯石の予防として「食後の歯磨きの徹底」。
人によっては「食事直後の口の中は酸性になっているので歯磨きすると歯が溶ける」という方もいますが、半分正解半分不正解です。

よく水でゆすぐことで「酸性」の状態を軽減することは可能です。

「ゆすぐ」というのは歯磨き前に余計な汚れを取っておく効果的な方法の一つなので行ってみてください。

「歯周病」の場合には、自覚があるようであれば「歯医者を受診」。
歯周病かもしれない場合でも一度歯医者で診てもらうと「イエスかノーか」がわかるので不安がなくなります。

歯周病を予防するためにも口内を清潔に保つことは「歯石予防」と同じ方法になります。

「ドライマウス」これが口臭の大きな原因!

「喉が渇きやすくなったかな」と最近感じている人で同時に「口臭も気になる」という方はドライマウス(口腔乾燥症)かもしれません。

日本人にはすでに2,000万人を超す勢いで「ドライマウス患者」が増えてきているといいます。

例えば花粉症などお「薬」を服用していて「一時的に分泌物が抑えられている状態」であれば「ドライマウス」には該当しないのですが、
最近は子供でも「口呼吸」が多いため、ドライマウスになってしまいます。

ドライマウスになると「洗浄能力」が低下してしまい、虫歯や歯周病、「口臭」の原因になってしまいます。

ドライマウスの口臭対策ポイント

ドライマウスは「唾液の分泌量」が減少してしまうことで起こります。
これを防ぐために、アメやガム、水分をこまめに取るということで、「一時的にドライマウス」を回避できますが、根本的な解決にはなりません。

根本的な解決には、普段から食事をよく噛んで食べるなどの生活改善から、申告ならば病院での受診などが必要になってきます。

当サイトでは「唾液の分泌を促して口臭を予防する」というサプリメントやマウスウォッシュなどを紹介していますので、参考になさってください。

※2018年9月14日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…
ルブレンは口臭対策と「臭い玉」対策ができる大人のマウスウォッシュ。刺激性の強いマウスウォッシュと違ってオーガニック成分でできているので、男女問わず選ばれています。ここではホントの口コミとお得に申込みする方法などルブレンの全ての情報を公開しています。

舌苔(ぜったい)も口臭に直結してる?!

舌苔は舌の上に「コケ」のようにこびりつく「汚れ」です。
鏡の前で舌を「べーっ」と出してみて、「普通の赤っぽい舌」であれば、舌苔が少ない証拠です。

逆に「舌の上が白っぽい」「黄色っぽいネバネバがついている」という状態は「舌苔」がこびりついている状態です。

舌苔の成分は食べかす、口の中の細菌などが付着して発生しています。
これが硫化水素という「硫黄(温泉地のゆで卵のようなニオイ」くささの原因となります。

舌苔自体は「健康な人でも少なからずある」ものですが、「ドライマウス」が原因で唾液の分泌量が減少し、口内の洗浄能力が低下してしまうと舌苔が付着しやすくなります。

舌苔の口臭対策ポイント

今すでに「舌苔がある」という状態であれば、普段の歯磨きの際に、やさしくなぞるようにして取ると比較的簡単に除去できます。

ここで注意点ですが、「口臭の原因だから全部根こそぎ取る!」みたいにしてやってしまうと、出血してしまう可能性があります。

舌や口内というのは非常にデリケートな組織なので、あくまでも「やさしくなぞって取れる程度」までにしてください。
出血してしまうと、出血性の口臭につながるので、本末転倒になってしまいます。

根本的な解決としては「唾液の分泌量を促す」ことが大事です。
ドライマウスの口臭対策ポイント」を参考にしてみてください。

臭い玉(膿栓:のうせん)が口臭の原因となる!

臭い玉というのは「扁桃腺」にできる白やクリーム色の塊のことです。

これは、ウイルスの死骸や食べかすなどが溜まってできるもので、鏡で見ると喉の奥にできている場合と、健康な人でも奥に潜んでいる場合もあります。

「臭い玉は誰にもできて、一度取っても再発しやすいもの」というのをおぼえておいてください。

例えば歯磨きや市販のマウスウォッシュをしても口臭が残っている場合というのは、臭い玉を疑ってみても良い状態と言えます。

臭い玉(膿栓)の口臭対策ポイント

臭い玉ができると皆さん同じように「取り方」を調べてしまいがちです。
これが「臭い玉の悪化の原因」となり、さらに口臭がひどくなった結果、耳鼻咽喉科に通院することになる例が後を絶ちません。

例えば耳鼻咽喉科に通院したとしても、処方されるのは「うがい薬」程度です。

臭い玉を予防していく際には日ごろの歯磨きやうがいなどの徹底で口腔内を清潔に保つこと。
これに加えて、唾液を促すマウスウォッシュなどが開発されているので、併用されることをおすすめします。

関連記事:「膿栓の原因」こちらの記事で臭い玉ができる理由がわかります。

臭い玉(膿栓)がよりによってなぜ自分にできてしまったのかを徹底的に究明していきます。喉の奥からこみあげてくる信じられない悪臭はなぜ「におう」のか。正しく知って、正しいケアを。

Check!:「ルブレン」臭い玉と口臭予防ができるマウスウォッシュ!

ルブレンは口臭対策と「臭い玉」対策ができる大人のマウスウォッシュ。刺激性の強いマウスウォッシュと違ってオーガニック成分でできているので、男女問わず選ばれています。ここではホントの口コミとお得に申込みする方法などルブレンの全ての情報を公開しています。

歯肉炎による口臭の原因とは?!

歯肉炎というのは口内のプラーク(細菌などの塊)が増殖して歯ぐきに炎症が起こる事です。

歯ぐきからの出血や痛み、腫れがある場合には一度歯科医での診察を受けてみるのが先決になります。

歯肉炎による口臭を予防するためには、日ごろの歯磨きやうがいなどで、口内を清潔に保つことが重要です。
またドライマウスなどになると口内の洗浄能力が低下してしまい「プラーク」が発生しやすくなります。
ドライマウスかもしれない場合には「ドライマウスの口臭対策ポイント」を参考になさってください。

ニオイ別口臭予防。

うんこの臭い(便臭)は口臭の悩みNo1?

自分の口臭が「うんこ臭い」からと言って、胃や腸から便のニオイが逆流するということはまずありません。

ただ、胃腸が弱っていたり、胃腸の疾患などによりニオイの元となる成分が血中に入り、全身にまわると肺からの息が臭くなる場合があります。

うんこ臭い場合のチェック項目としては以下があげられます。

・歯や歯ぐきの異常。
⇒虫歯や歯の破損、歯周病などの歯ぐきの異常。

・ドライマウス。

・舌苔。

・臭い玉(膿栓)。

また「うんこの臭い」と例えられる原因は温泉地でのゆで卵のようなニオイと同様の「硫化水素」が元になる場合が多いようです。

うんこ臭い口臭対策ポイント

歯や歯ぐきに異常がある場合や、胃腸の病気というのは自分でも気づける項目なので、病院で一度診てもらうのが一番です。

ドライマウスや舌苔、臭い玉の疑いがある場合には、基本的に口腔内を清潔に保つこと。
これに加えて、唾液の分泌を促すタイプの口臭予防サプリメントや、マウスウォッシュを試してみてください。

すっぱい口臭は糖尿病予備軍の可能性も?!

酸っぱいニオイの「口臭」は一時的な口腔内の乾燥でも起こることがあります。

激しい運動をした後で口の中がすっぱくなった状態や、しゃべりすぎて喉が渇いている状態などで起こる場合があります。

また、口腔内が清潔ではない場合にも起こる可能性がありますが、これは日ごろのケアで予防できることなので注意しておきましょう。

酸っぱい口臭で怖いのが「糖尿病」の可能性です。

糖尿病、もしくは「糖尿病予備軍」となると体内に「ケトン体」という「酸っぱいニオイの成分」が生成されるため、体臭や口臭がきつくなる原因になります。

この場合には病院での受診が一番です。

すっぱい口臭の対策ポイント

すっぱい口臭を感じた場合に体調不良や消化器系の異常を「自覚」している場合、病院での受診を受けてください。

一時的なすっぱい口臭の場合には日ごろの歯磨き、うがいが効果的ですので、方法の見直しや回数を増やしてみるなどの「自分なりの徹底」を一定期間続けてみるだけでも、かなり口臭予防の効果が期待できます。

ドブ臭い、ザリガニ臭いという最低な口臭の原因とは?

「口臭がドブ臭い」とか「ザリガニ臭い」となるとかなりのショックを受けてしまいますよね。

ドブ臭い原因で軽度のものであれば、歯磨きやうがいなどで改善が見込めます。

問題は歯磨きをしてもドブ臭さ、ザリガニ臭さが残ってしまう場合です。

この場合は「臭い玉:膿栓(のうせん)」の可能性があります。

臭い玉(膿栓:のうせん)が口臭の原因となる!」の項目を参考になさってください。

生ごみ臭い(生臭い、魚臭い)口臭とは?

ニオイのきつい食べ物を食べたり、病気が原因での口臭に関しては「自覚しやすい」のでここでは割愛しています。

それ以外の「生ごみ臭い」「生臭い、魚臭い」という口臭は「歯周病」である可能性が少なくありません。

歯周病自体も実際には「自覚しやすい」ものではありますが、痛みや腫れが出る前の段階でも口臭が気になる場合があります。

実際に鏡の前で、(よく手を洗ってから)歯ぐきの状態を確認してみてください。

歯ぐきの色が違うとか、痛くないのに出血しているように見える場合には歯医者での相談を検討してみてください。
歯石や歯周病が原因の口臭とは。」の項目も参考になさってください。

まとめ:口臭になりにくい体を目指す方法

通常生きていれば少々の虫歯や歯周病、胃腸などの疾患などにはなるものではあります。

ただ、その場合に「口臭になる人」と「口臭にならない人」というのに分かれてしまいます。

この原因の一つに「そもそもニオイ成分が体に多いか少ないか」という観点があります。

体調が悪い時にすぐに口臭が出てしまうと人間関係などに多大なる影響が出てしまうのが不安ということでストレスがたまる←これも口臭の原因となる。
・・・・・・という悪循環に陥ってしまいかねません。

日ごろから「歯磨き」「うがい」の徹底で口腔内をしっかり清潔に保つ。というのが大前提として、そこから一歩先行く「口腔内ケア」というのが、「口臭予防のサプリメント」「口臭予防のマウスウォッシュ」です。
日本人の口臭の多くが「ドライマウス」を原因として、そこから臭い玉や歯周病になってしまう可能性が高いといいます。

当サイトでは「唾液の分泌量をサポートするタイプ」の口臭予防サプリメント、マウスウォッシュを紹介していますので参考になさってください。

※2018年9月14日:口臭サプリランキングデータ更新:口臭サプリはいろんな種類がありすぎて選べない!って方にランキング形式で最新の情報をお知らせしています。口臭サプリはお求めやすくて実感までの期間ができるだけ短い方が良いですよね。そのためにはコスパ!これを一番に重要視しています。さてランキング1位に輝くのは…
ルブレンは口臭対策と「臭い玉」対策ができる大人のマウスウォッシュ。刺激性の強いマウスウォッシュと違ってオーガニック成分でできているので、男女問わず選ばれています。ここではホントの口コミとお得に申込みする方法などルブレンの全ての情報を公開しています。

■記事データ : 著者 / 消臭専門:ブレス子 : カテゴリ / 口臭 予防対策 : 記事コメント評価 / 4.8 : 記事評価過去平均 / 4.8 : 記事投稿コメント評価累計 / 221