美容師のなりやすい病気3選|手荒れ?うつ?口臭?⇒対策法アリ

美容師のような憧れる職業の方でも、実際の作業は過酷。
温水シャワー、シャンプー、ドライヤー、頭部への接触、お話し、などなど、いくつかの「過酷ポイント」の積み重ねで様々な病気を引き起こしてしまうんです。

ここでは「美容師のなりやすい病気3選」と「対策方法」をお知らせ。

今使える情報なので美容師の方必見です!
(あと、気になる美容師へのハンドクリームのプレゼントも喜ばれますよw)

美容師のなりやすい病気1.「手荒れ」

想像しただけでなぜ美容師が手荒れになるのかわかりますよね。シャンプーだけでも一日に複数回行うわけですし、手先の活動や薬剤の付着によってひどい手荒れが進行してしまいます。

手荒れの原因

美容師の場合、主に3つの「手荒れの原因」があります。

  • シャンプー時の温水、薬剤など。
  • 生活習慣。
  • 乾燥。

カットやシャンプーなど手の表皮が「濡れる」⇒「乾く」を繰り返すだけでも手荒れの原因になりますが、そこにシャンプーやトリートメント、カラー剤などの薬剤が加えられていますから、「ハンドクリームを塗る暇もなく手荒れを進行させてしまう」状態。

ここでは実際の美容師さんが行っている対策方法をお知らせします。

手荒れの対策

  • 薄手の手袋の着用、もしくはハンドクリーム。
  • 食生活と睡眠の質の改善。
  • かゆい時はステロイド剤の仕様。

手袋を着用する場合はフリーサイズのものより、手にフィットしたタイプの方がシャパシャパ音がしない点でお客様側にも良いですし、水が入りにくい点から美容師側にもメリットがあります。

また、皿洗いなどの美容師同様に「水仕事」で手荒れに悩む飲食店でも使用されているのがこのハンドクリーム。

「アトリックス エクストラプロテクション」

⇒Amazonで「アトリックス エクストラプロテクション」をチェック

一気に宣伝っぽくなりましたが、実はこれ、冬になると乾燥によるあかぎれやヒビで困っていた筆者も病院に通うことなく手荒れを防げたアイテム。

塗るときは「ワセリン」に近い印象ですが、うれしい点は「持続性」と「薬用のちから」。

オロナインニベアユースキンなども良いですが、やはり一回のシャンプーで落ちてしまうのが難点。
アトリックスの場合は複数回シャンプーをしても水をはじいているのが目で見てわかるので、安心感があります。

また「薬用」のためか、継続して塗っているとそれまでガッサガサだった肌が徐々に潤いを取り戻してくれるんです(筆者の場合)。

これはホント一度試していただくとおわかりいただけると思います。

食生活と睡眠の質の改善」はなかなか不規則な生活になりがちな美容師なので難しい面もあるかもしれません。

美容室の閉店後に技術練習などがあるので、帰宅時間も遅くなり、寝る直前にカンタンに食事を済ませ、明日も早いので就寝…

これでは手荒れだけでなく、お肌や健康面にも影響が出てきます。

食生活をガラリと変えることは難しいのですが「朝食にウエイトを置く」という意識にすると、徐々に改善できる可能性があります。

人間は基本的に「日中活動する生き物」。そのため、朝食が一番重要で、昼と夜はサポート的に軽く済ませもOKなんです。
(もちろん疲れた体に補給する栄養は必要です。)

筆者の場合、夜ご飯の時にちょっとだけ翌日の朝を意識します。

そうすると、
「夜は半分までにして、明日の朝サラダと一緒に食べよう」
という感じになります。

実はこれ、ダイエットにも効果的。
活動する前に朝食をとるので、夜のように「ためこんでしまう」ということがなくなるんですね。

また「睡眠」に関しては、ストレスをためこまないことが先決。と言っても接客業だとお客様からの反応や美容室内での人間関係など大なり小なりストレスはあるもの。

その場合に「夜寝る前に考えこまない環境」を作るのがベター。

お風呂でリラックスすることや、ご自身の趣味の時間を少しでも作ることなどが大切。

それでも「寝る前に考えちゃう」状態の対策として筆者がおすすめするのは「蒸気でホットアイマスク」の使用。

これ、試したことがある方も多いと思いますが、
「目元があったまってくるとメチャクチャ気持ちいい」んです。

そうなると意識は目のあたたかさの方に向けられ、いつのまにか朝。
筆者はつけっぱなしで寝てることがほとんどですw

⇒Amazonで「蒸気でほっとアイマスク(めぐりズム)」をチェック

美容師のなりやすい病気2.「腰痛」

美容師は基本立ち仕事のなので、腰痛にならない方が難しいですよね。

それでも腰痛の原因と対策がわかると日ごろの意識が変わってくるので「腰痛を軽減」していくことが可能になります。

腰痛の原因

美容師の腰痛の場合、カットやシャンプー、ドライの時に左右どちらかの足にウエイトを置いて長い時間いつづけるのが原因。

またシャンプー台の高さと自分の腰の位置が合わないとそれだけでも短時間で腰痛を感じる場合があります。

腰痛の対策

基本的に「左右バランスよく立つ」のがベターですが、それでは作業しにくいという場合、左右にウエイトを傾ける時間を均等にしていくことを意識することで腰痛が緩和できるはずです。

またファッションに影響しない程度の薄手の「腰痛ベルト」の着用もおすすめ。
腰の動きをサポートしてくれるので、一回使うと手放せないものになります。

手荒れ同様、腰痛も一日終わった後のケアも重要。
お風呂でのもみほぐしやシップなども忘れずに。

美容師のなりやすい病気3.「腱鞘炎」

美容師の三大職業病の最後は「腱鞘炎」です。
腱鞘炎になってしまうとピッチャーが肩を壊した時のように、働けなくなってしまう程の致命傷。
そのため、ちょっとでも指先やつないでいる腱の部分の不具合を感じたら早めの処置が必要です。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎は腕の筋肉から指、手首に伸びる「腱」の部分の炎症。
ここが稼働しすぎている状態の時に腱鞘炎になりますくなります。

主にピアニストやタイピングの入力作業が多い方などに見られる病気です。

腱鞘炎の対策

基本的に同じ動作を長時間行わないようにするのが先決ですが、美容師だとそれは難しいですよね。

そのため、腱鞘炎予防の意識としては「肩」「腰」で動作することをおぼえておきます。

そうするとカットなどの場合を除き全体的に腱をサポートしながら動いているので、局所的な炎症というのが防げるわけです。

また手を保護するサポーターなどもありますが、こちらは本当に痛みがひかない時に着用する程度で、美容室の作業では髪がサポーターにひっかかってしまうなどクレームにつながる場合もあるので注意が必要です。

気まずいクレーム「口臭」

実は美容室でのクレームで多いのが「口臭」。
お客様の頭部の近くでお話しする機会が多い美容師特有のクレームなんです。

基本的に趣味や仕事、スタイリングやヘアケアなどお話ししながら作業する方も多いはず。
そうなると「あれ?しゃべりすぎて口の中が酸っぱくなってきた…」という経験もあるのではないでしょうか。

基本的には一時的な口臭は以下の方法で予防できます。

  • 歯磨き
  • うがい
  • マウスウォッシュ
  • 歯間ブラシ
  • 適度な舌磨き

ただ口臭というのは「日中ぶり返してきてしまう」もの。
その場合はうがいや休憩時間にガム、飴を舐めるなど口臭の大きな原因の一つである「唾液の減少」を予防することが有効です。

多くの接客業の方が使用している「口臭サプリ」

口臭の原因の多くは「口の中」にありますが、実は体の不調(ストレスや疲れ、内臓疾患など)でも口臭につながる場合もあります。

こういう「なぜかわからないけど口臭になってしまう」場合には日ごろのマウスケア+「口臭サプリ」がおすすめ。

当サイトでは多くの口臭サプリを紹介していますが、種類も多いので「口臭サプリランキング」を参考にしていただくと選びやすいと思います。

【口臭サプリランキング】多くの種類が販売されている「口臭サプリ」。実はほとんどのアイテムが「公式サイトの特別キャンペーン」の方がお得に購入できるんです。ネット通販限定なのでこだわりの成分で本格的な対策が可能です。

まとめ:美容師なら自分の身は自分で守る。

美容師の場合、憧れの店舗で働けた後は、自分の美容室を持ちたいという願望もあるのではないでしょうか。

そうなると日々の努力の積み重ねが重要と、自分自身を追い込んでしまう場合も少なくないと思います。

それでも美容師は「体が資本」のお仕事。

自分をいたわることも忘れないでください。
ちょっとでも不調を感じた場合には、お店への相談とケアを忘れず。
(お店側も「相談」してくれるようになると嬉しかったりするものです。)

今回は美容師のなりやすい病気についてお知らせしましたが、ほんのさわりの部分だけだと思います。

人間関係やお客様からのクレームで気に病んでしまう場合もあるかもしれませんが、「無理は禁物」。

セルフコントロールを意識して無理せずがんばりましょう。