【楽天カード】申し込み方法の流れ:最大限のポイント取得の手順とは【図解】

「楽天カードマン」のコマーシャルでも有名な楽天カード申し込み方法を解説します。

図解で説明しますが、実際に操作してみると簡単なので図もあまり必要じゃなかった…

ということで、要点がわかりやすくて、ポイントを最大限にもらえればOKなので、淡々と説明していきますw

※説明文と操作手順を明確に分けるために、操作手順の項目のみ

赤く大きな文字にアンダーライン(下線)

を入れて記載します。

すぐに楽天カードを作成したい方はこの大きな赤文字(下線つき)を追いかければ作成が可能です。

⇒「楽天カード」ご登録はこちら

(※動作確認済み。現在楽天ポイント無料プレゼントキャンペーン中です。)

楽天カードの申し込みの流れ「はじめに」

まずは以下のリンクで楽天カード申し込みの画面を開いておくと手順がわかりやすいです。
(楽天カードへのリンクは文末に再度掲載しますので、流れがわかってからでもかまいません。)

⇒「楽天カード」ご登録はこちら

(※動作確認済み。現在楽天ポイント無料プレゼントキャンペーン中です。)

●「楽天カードを作る」ボタンをクリック。

こちらはパソコン版の「楽天カード」サイトです。
楽天カードのお申し込み

こちらはスマートフォン版の「楽天カード」サイトです。
スマホ版01楽天カード

※パソコンとスマートフォンでの申し込みの流れは大体同じです。

楽天カードの種類と作るボタン

上の画像の青枠「楽天カードを作る」をクリックします。

※キャンペーンなどで次のサイトで説明が入る場合があります。
「楽天カードに入会」
「楽天カードを作る」
「楽天カードのお申し込み:詳細」
など記述がありますので、申し込みのためのボタンをクリックします。

・楽天会員登録の確認

すでに楽天会員の方はログイン情報を入力して先に進みます。

まだ楽天会員でない場合には無料登録を済ませてください。

【楽天】ログイン画面

●楽天にログインする。

楽天カードの種類の選択

先ほどのトップ画面でも「楽天カードの種類」の説明がありました。
ここでは基本的に一番スタンダードなカードの作成方法をお知らせします。

スタンダードな楽天カードと言っても、ポイントを最大限に取得できますので、ご安心ください。

ここでは現在、通常の「楽天カード」か「楽天プレミアムカード」を選択できるようになっています。

基本的には「年会費永年無料」の「楽天カード」を選択してOKです。

※ポイントを最大限に取得するために、「ポイントキャンペーンにエントリーする」という第1ステップが用意される場合があります。
その際は「エントリー:ステップ1」→「楽天カードお申し込みはこちら:ステップ2」の手順です。

基本的にはログインして作成すればポイントが付与する流れになります。
●「楽天カードのお申し込み画面へ進む」をクリック。

楽天カードの申し込みに必要なものと操作手順

・申し込みに必要な基本内容を入力していきます。

以下の項目をチェックして、おぼえていない情報などは用意してから入力をはじめるとスムーズです。

・クレジットカードのブランド選択

JCB、VISA、Masterカードなどから選択できます。

選ぶ目安としてVISAは国内外問わず加盟店の数が多いので「使用できない」場面が少ないです。

JCBは主に日本国内でクレジットカードを使う場合にはキャンペーンなどが充実しているというメリットがあります。

ちなみに私はVISAを選択しました。

・家族カードを作るかどうか

これは後日追加申し込みすることも可能です。
事前に家族に確認を取っている場合は同時に作ってOKです。

・ETCカードの機能をつけるか

楽天カードのみの作成であれば年会費無料ですが、ETC機能を付けると年会費540円(税込)かかります。

ETCカードは別で作成してある方や、ETC機能目的でクレジットカードを作るならETCの年会費が無料になるようなガソリンスタンド系のクレジットカードが良いな、という方は「申し込まない」でOKです。

・楽天カードのEdy機能をつけるか

電子マネーである「Edy」をつけるかどうか選択します。

普段必要と感じていない方はつけなくても良いですし、「nanaco」や「Suica」は普段使ってるけどEdyにも念のため登録しておくか、って方はこの機会につけてみてください。

・紹介者の有無

特に紹介されてるわけじゃなければ空欄でOKです。

・携帯のメールアドレス

必須項目ではないので、飛ばしてもOKです。

・住所、氏名、フリガナなどを入力

こちらは必須項目です。
正直に記入していきます。

・自宅電話番号の入力

過去にクレジットの審査に通ってる経験のある方は090や080からはじまる携帯電話の番号でもOKです。

はじめて楽天カードのクレジット機能つきを作る場合やクレジットの審査に不安がある方は実家や自宅の電話番号を入力した方が無難です。

・他社からのお借入れ金額の入力

キャッシングなどをされている場合はその額を入力します。

・カード入会のご利用目的

基本的に「普段のお買い物などに利用」を選びます。

他の項目では審査に影響する場合があるので、一番無難な目的を選択します。

・お支払い預金口座の準備

インターネットでそのまま登録可能ですが、念のため郵送を選ぶことも可能です。

・楽天カードのキャッシング枠について

キャッシング目的ではない場合には「0円」でOKです。

クレジットカードの審査に通って作成できている人はある程度の額を入れておいても良いです。

審査が不安な方はキャッシング目的ととられるとマイナスなので「0円」にします。

・ショッピングのお支払い方法とリボお支払いコースの選択

基本的には「自動リボサービスのお申し込み」はしません。

ポイントの付与よりもリボ払いの方に魅力を感じている方は選んでもOKです。

・本人様税込年収

これは様々な税金(所得税、住民税など)を引かれる前の額を入力します。
源泉徴収などが手元にあるといいのですが、ない場合にはおおよそでかまいません。

●必須項目をすべて入力する。

規約に同意した後、
●「楽天カードを申し込む」をクリック。

「WEB明細サービス」を選ぶと紙代80円の節約になります。

・楽天カードのお申し込み完了後、楽天から自動返信メールがくるのでチェックします。

この時点ではまだ、発行が確約されたわけではありません。

●カード発行手続き完了のお知らせメールを確認する。
審査などを通過して楽天カードの発行ができる場合に受信します。
通常は数時間のうちに送信されます。

楽天カードお申し込みの流れ:まとめ

楽天カードの申し込み手順としては難しい点はありません。

流れがパッと見でわかるように以下にステップを記載します。

⇒「楽天カード」ご登録はこちら

(※動作確認済み。現在楽天ポイント無料プレゼントキャンペーン中です。)

1. 楽天カード公式サイトに行く。
(上記リンクから最新の楽天カード発行サイトに移動します。)

2.「楽天カードを作る」をクリック。

3.楽天ログイン。

4.楽天カードの種類を選択。
年会費永年無料の通常の楽天カードをクリック。

5.必要事項の入力。

6.カード発行手続き完了のお知らせメールを確認する。
ここまでが楽天カードのお申し込み方法の流れです。
基本的には都度ポイントキャンペーンを開催していますので、最大限のポイントを狙うには上記のリンクをご活用ください。

また、「●●に同時申し込みでポイントアップ」など関連サービスと同時に入会することでポイントが多くなるというキャンペーンがあります。

ご自身で必要なものかを判断して、「特に拒否しなくて良い項目」であればポイントが多くなる選択をしてOKでしょう。
年会費無料で初回に多くのポイントがもらえる楽天カード。
もしすでに欲しいものが決まっている人は、楽天カードを作成してから買い物をした方がお得ですね。

⇒「楽天カード」ご登録はこちら

(※動作確認済み。現在楽天ポイント無料プレゼントキャンペーン中です。)

楽天カードの申し込みをしていてエラーが出てしまうなどの対処法を解説します。画面が進まない、メールが届かない、完了できない、フリーズしてしまう、などなどのエラーパターンに合わせて対処方法などをわかりやすく掲載しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする