「臭い玉で人間関係の悩みを持っています。」←しっかりした対処が必要です。

臭い玉が原因で人間関係悩みがあるなんて…」

誰にも相談できない、その悩み。すでに対処方法は用意されています。

臭い玉の口臭で人間関係に悩む図
「臭い玉」は現在NHKでも特集されるほどの「ポピュラー」なものになりました。

この臭い玉というのは本来「誰にでもできる可能性があるもの」なので、自分にできたショックもわかりますが、適切な対処をすれば「軽減」して「できにくい体」に近づけていくことが可能です。

ここでは筆者が実際に体験したことを元に、臭い玉が原因の「人間関係の悩み」を改善する方法をお知らせします。

関連記事:「臭い玉(膿栓)の原因対策」はこちら

臭い玉(膿栓)がよりによってなぜ自分にできてしまったのかを徹底的に究明していきます。喉の奥からこみあげてくる信じられない悪臭はなぜ「におう」のか。正しく知って、正しいケアを。

Check!:「ルブレン」臭い玉対策と口臭予防ができるマウスウォッシュ!

ルブレンは口臭対策と「臭い玉」対策ができる大人のマウスウォッシュ。刺激性の強いマウスウォッシュと違ってオーガニック成分でできているので、男女問わず選ばれています。ここではホントの口コミとお得に申込みする方法などルブレンの全ての情報を公開しています。

「臭い玉」の人間関係の悩みは「初動」が大事。

このサイトの「臭い玉:膿栓(のうせん)」カテゴリでも触れていますが、臭い玉が出来てしまった人の「初動」というのはとても衝動的です。

「臭い玉、鏡で確認できたから、早く取らないと!」

これが、臭い玉をさらに悪化させてしまう原因になるんです。

あなたにも当てはまるかもしれませんが、以下に「ありがちな臭い玉発見者」の行動を記載します。

・喉の奥が臭い、または違和感があって「臭い玉」を疑う。

・鏡で、喉の奥にある臭い玉を発見する。

・ネットで「臭い玉 取り方」「臭い玉 除去」を検索。

・間違った方法が掲載されているサイトが多いので、家にあるもので取ろうとする。
⇒綿棒、耳かき、つまようじといった家にある「適当なもの」。

・臭い玉は「取れそうで取れないもの」、このため焦って口内を傷つける。
または、ばい菌が入ってしまう。
⇒⇒臭い玉が悪化。口臭がひどくなる。

自分は他人ではないから絶対にわかることはないのですが、実際このパターン、すごく多いんです。

臭い玉が悪化してしまうとさすがに「耳鼻咽喉科」で受診します。

臭い玉を器具で除去している病院もありますが、ほとんどは「うがい薬」を処方される程度。

この時点で、通常「いじらずに早めに対処していれば良かったものを、悪化させてからのスタート」になってしまうワケです。

臭い玉の正しい対処は時間をかけて「少なくしていくこと」を最初の目標とし、その後「臭い玉ができにくい体」にしていくことが大切です。

人間関係を壊さないための正しい「初動」とは?

臭い玉を発見した場合に行った方がいい、正しい初動としては、

耳鼻咽喉科での受診。
これが最適です。

ただ、「病院に行くほどではないけど、人間関係上、口臭が気になる」という方は、日々の口内ケアの見直しが必要です。

・歯磨き
⇒これは夜、または朝一回だけの人は、昼が無理なら朝晩1回ずつしっかり行う。
また、全ての歯をなぞればOKではなく、歯の裏表、すき間を1本1本意識しながらブラッシングするのが重要です。

・うがい
⇒寝起きの口内というのは細菌が多く繁殖しています。
できるだけ飲み込まずにそのままうがいをしましょう。

できるだけ、外出時のトイレ、または帰宅時など、こまめにうがいをすることを習慣にしていきます。

・歯間ブラシ
⇒つまようじなどでもOKですが、現在歯科医でもアンケート時に「歯間ブラシを使用する習慣はあるか」の設問がある場合があります。
歯ブラシではとれない食べかすなどを除去するのに有効な歯間ブラシを利用することで、口内を清潔に保ちます。

口臭の原因が「臭い玉」である場合には通常の口内ケアプラス「マウスウォッシュ」という選択肢があります。

筆者の場合も以前は市販のマウスウォッシュを利用していましたが、「一時的に口臭が軽くなる程度」で臭い玉がある限りはきつい口臭がぶり返してきます。

そんな中で見つけたのがルブレンというマウスウォッシュです。

Check!:「ルブレン」臭い玉対策と口臭予防ができるマウスウォッシュ!

ルブレンは口臭対策と「臭い玉」対策ができる大人のマウスウォッシュ。刺激性の強いマウスウォッシュと違ってオーガニック成分でできているので、男女問わず選ばれています。ここではホントの口コミとお得に申込みする方法などルブレンの全ての情報を公開しています。

筆者の場合も社内外での「打ち合わせ」など、人と接する機会が多かったので、人間関係に支障をきたす「臭い玉」に悩んでいました。

大きな話になりますが、今現在日本には「ルブレン」以外に口臭と臭い玉、両方予防してくれるアイテムはありません。

その他の全ての口臭ケアグッズ(歯磨き粉、口臭予防サプリ・スプレー、マウスウォッシュなどなど)は、間接的に口内を清潔にすることはできますが、しっかりした「口臭、臭い玉」に働きかけるモノではありません。

まとめ:臭い玉の人間関係で悩む時、この対処法で改善していく。

どこの会社にいっても、「人間関係の悩み」というものはつきものです。

ただ、それが「口臭や臭い玉」が原因になってしまうことはできるだけ避けたいですよね。
臭い玉を確認した後には適切な対処方で改善していきましょう。

1. 臭い玉を発見する。(もしくは喉の奥にあるかもしれないと思う時)

↓↓   ↓↓   ↓↓

2. 必要であれば耳鼻咽喉科を受診。

↓↓   ↓↓   ↓↓

3. 日々の口臭ケアの見直し。
※ルブレンの検討。

↓↓   ↓↓   ↓↓

4. 臭い玉の経過観察。
⇒少なくなっているか。口臭が軽減できているか。

文字にしてしまうとなんでもないことですが、臭い玉を見つけてしまった時のショックというのが人の行動を狂わせてしまっている現実があるので、悪化させないための知識としておぼえておいてください。

Check!:「ルブレン」臭い玉対策と口臭予防ができるマウスウォッシュ!

ルブレンは口臭対策と「臭い玉」対策ができる大人のマウスウォッシュ。刺激性の強いマウスウォッシュと違ってオーガニック成分でできているので、男女問わず選ばれています。ここではホントの口コミとお得に申込みする方法などルブレンの全ての情報を公開しています。

関連記事:「臭い玉(膿栓)の原因対策」はこちら

臭い玉(膿栓)がよりによってなぜ自分にできてしまったのかを徹底的に究明していきます。喉の奥からこみあげてくる信じられない悪臭はなぜ「におう」のか。正しく知って、正しいケアを。


■記事データ : 著者 / 消臭専門:ブレス子 : カテゴリ / 臭い玉 人間 : 記事コメント評価 / 4.8 : 記事評価過去平均 / 4.8 : 記事投稿コメント評価累計 / 118

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする