ヒドイ口臭の『臭い玉』の正しい予防法とは?悪化する前に

臭い玉予防できる?!

最新の対策方法とは

臭い玉のセルフチェック
臭い玉の口臭は本人はもちろんですが、周囲の人にとっても臭くてたまらないんですよね。
正しい予防法で対策しないと、ずっとこのまま口臭が…
なんてことになりかねません。

ここでは筆者も検証済みの予防法から、最新の予防法まで紹介していきます。

 え?まだルブレン試してないの?! 口臭ケアの達人が「今」の方法を伝授! 「薬用ルブレントローチ」登場!...

「本当に臭い玉?」セルフチェック方法

臭い玉が本当にできているかどうか、すでに自分でもわかるくらいの「異臭」に気が付いていて、何度も鏡で「のどの奥」の臭い玉をチェックできている人もいるかもしれません。

ここでは「隠れ臭い玉」で、まだ鏡では確認できてない部分にある人の「セルフチェック」の方法をお知らせします。

臭い玉ができやすい人

・風邪をひきやすい。
⇒ウイルス性の感染病にかかりやすい人も臭い玉ができやすいと言えます。

「扁桃」は細菌などの侵入を防いでくれる働きがありますが、風邪をひきやすいと、細菌やウイルスと戦った後の死骸がたまりやすくなります。

・口呼吸でドライマウスになっている。
⇒ドライマウスは臭い玉ができる大きな原因の一つです。
細菌が繁殖しやすくなっているので、扁桃腺に負担がかかります。

・唾液の分泌量が少ない。
⇒唾液の分泌量が少ないということは「ドライマウス」になりやすいのもありますが、細菌などを洗い流す役割を十分に働かせることができないというのがマイナスになります。

・扁桃腺が腫れやすい。
⇒年齢問わず、発熱や風邪などになった場合は比較的すぐ「扁桃腺が反応する」という方も臭い玉ができやすい傾向にあります。

・歯磨きをさぼることがある。
⇒口内が不潔になっているのも臭い玉を「作るため」には必要なことです。
歯磨きが習慣付いていないと、汚れや細菌などが扁桃腺にたまりやすくなります。

臭い玉「簡単にできる」セルフチェック

・自分の息を両手にあてて嗅いでみる。
⇒口臭は時として、「自分のニオイに慣れてしまう」とか「口臭の自覚がない」などで、チェックを怠ってしまうことがあります。

スタンダードな方法ですが、両手に吐いた息を自分で嗅いでみてください。

臭くない、または歯磨きやうがいでとれる程度のものであれば問題ありませんが、

「今まで嗅いだことのない口臭」

この場合は注意してください。

例えば…
ドブ臭い(下水道臭い)。

大便のようなニオイ。

ザリガニのニオイ。

ワキガのようなニオイ。

動物の死骸のようなニオイ。

ヒドイ臭いばかりですが、実際にこういう臭いが自分からするんだ、とわかると相当ショックですよね。

・うがいをして吐き出した水を観察する。
⇒家で行うような比較的「豪快」ともいえるような普段のうがいの方法を行い、吐き出した水を確認してみてください。

ここに、白いようなクリーム色っぽいようながあるようだったら確実です。

注目して見るのは、「臭い玉になりそうなもの」です。

口の中には「バイオフィルム」と呼ばれる「ネバネバしたもの」が元からあるのでわかりにくいのですが、「臭い玉」になる途中のものは「ゼリーっぽい」不完全な塊になっています。

これは大小様々で、気が付きにくいので、習慣的に行ううがいの後には毎回チェックしてみてください。

・口を閉じて、喉の奥だけでセキをする。
⇒まだ臭い玉自体が小さいか、扁桃腺に中にあってわからない場合には、喉の奥でセキをしてみると、一瞬だけ「鼻の奥の方が臭う」場合があります。

鼻炎などで感じる臭いと違うので、簡単にチェックするのには良いでしょう。

・舌先を上の前歯につけたまま「つばを飲み込む」
⇒「喉に違和感」がある場合には臭い玉の可能性を考えられますが、まだ臭い玉が小さい時期や潜在的に存在している場合には、明確なのどの不調を感じ取ることができません。

そのような場合に「舌先」を上の前歯の裏側につけたまま「つばを飲み込む」と喉の違和感やくさい臭気を鼻の奥で感じることができる場合あります。

コツとしては口内に余分な空気が入っていない状態を作るイメージで行うのが良いでしょう。

臭い玉の予防法「みんなの方法」

まずは臭い玉を自覚した人がどのように予防対策をしていくのか、知っていく必要があります。

今までの検証結果を知っていけば、臭い玉に対してどの程度の予防効果があるのか、客観的にわかる、もしくは気づくことができるかもしれない、というのが狙いです。

「うがい」

これは臭い玉を予防する方法として、一番有効です。
子供の頃、「うがいと手洗いを忘れずに」なんてよく言われたかもしれませんが、これが本当に習慣付いているかというと、うなずけない人も多いと思います。

臭い玉というのは外気から入ってくるウイルスや細菌などの「扁桃」が侵入を防いでくれるがために、その死骸などがつまってできてしまうものです。

朝、昼、晩、もしくは外出したり、部屋の空気が汚れているように感じたらこまめにうがいをするのが「扁桃」を助ける一番の方法です。

簡単にできて効果が高い「うがいの方法」についても他の記事でふれていますので、ぜひ参考になさってください。

⇒臭い玉を「取れやすくする」効果的なうがいの方法

うがい薬の利用(イソジン)

水やぬるま湯での「うがい」も効果がありますが、インフルエンザや風邪が流行っている季節では「うがい薬」の利用も効果的です。

中でも有名な「イソジン」は除菌や菌の繁殖をおさえてくれる働きがあるので、臭い玉の原因を減少させるために有効な「うがい薬」です。

「臭い玉の口臭を早めに防ぎたい!」
この思いが強いと思いますが、うがい薬を使用する場合は、しっかりと用法用量を守る必要があります。

マウスウォッシュ「リステリン」「モンダミン」「プロフレッシュ(プロポリンス)」

口腔内の環境を整えるためのマウスウォッシュとして有名な「リステリン」や「モンダミン」ですが、これはあくまでも「マウスウォッシュ」であり、「うがい薬」ではないので、注意してください。

普段のオーラルケアとして、歯磨きとセットで行うことは良いことですが、「臭い玉の対策」として「マウスウォッシュ」でうがいをしてしまうことはやめておきましょう。

刺激性の強いものだと、人によっては喉が荒れたように感じる場合があります。

アルカリイオン水、重曹

アルカリイオン水は現在スーパーなどで購入できるポピュラーな商品です。

日常的に料理などに利用されている方は「うがい薬」などを購入される前に、「アルカリイオン水でうがい」を試してみてください。

「胃腸にやさしい」水なので、喉の奥に心地よく当たる感じがわかると思います。

「アルカリ性」の商品などを使用する「狙い」としては、口の中というのは「酸性」に傾きやすいので、重曹やアルカリイオン水などで「中性」に近づける目的もあります。

のどぬーるスプレー

コマーシャルでも有名な「のどぬーるスプレー」ですが、喉の奥にある程度の「除菌効果」をもたらしますが、目的としては「荒れた喉をしずめるため」に利用します。

「臭い玉」ができたかもしれない場合の「予防」や対策商品として利用するのは、あまり意味がありません。

また使いすぎると逆に良くない場合が多く、体調不良の一因になってしまう可能性もあります。

龍角散

龍角散はのどの荒れや、セキ、痰などをしずめるために使用します。

「のどのコンディションを整える」という面では一見「臭い玉」にも良さそうなイメージがありますが、「臭い玉」のできる場所は喉の奥とは言え、「喉の入り口」に近い部分です。

龍角散だけで「臭い玉」の予防対策ができるかというと疑問です。

緑茶

ひととき、緑茶うがいなどが流行りましたが、私見として通常の「水でうがいする」という方法で良いと思います。

お茶を飲んでリラックスするなどであれば「ストレス軽減」になるので、これは臭い玉ができる一因である「ストレス」に対しては間接的に効果がある、と言えるかもしれません。

「今だけ!」臭い玉、ごまかす方法。

臭い玉の予防対策をするのが目的なのに「ごまかす方法」を紹介するのには気が引けます。

が、日常生活をしていて、「今だけはどうしても口臭を防がないといけない」って場面は少なくないと思います。

ここでは臭い玉の口臭を一時的に軽減する方法をお知らせしていきます。

マスク

自分の息を外に漏らさない」という面では一番効果的な方法です。

安易なように感じるかもしれませんが、口臭の時に一番気になってしまう

「自分の口臭が流れていく先を気にして、呼吸がしづらい」

これを大幅に改善する効果もあります。

会議や集会で人前で長く話をしないといけない場面でも、何かの薬に頼る方法ではないので、長続きして便利です。

デメリットとしては、マスクをしていると失礼な場面、例えば撮影などをする場合ですね。

この場合は次で紹介する方法を試してみてください。

ブレスケアや口臭スプレー

ニオイのきつい料理や、口臭が気になる時に「一時的」に効果があるのが、コンビニ、ドラッグストアで簡単に購入できる「ブレスケア」などのサプリメントやタブレットです。

これは口臭の予防対策が必要となった場面の直前に利用することで、「その時」の口臭を和らげることができます。

口臭を軽減するスプレーなども、「瞬間的」に利用する分には、その場面を乗り切るために効果を発揮します。

デメリットとしては、いずれの方法も「一時的」に過ぎないということです。
時間が経つと臭い玉の口臭がぶり返してくるので、注意が必要になります。

芳香剤

例えば自分専用の部屋で仕事をしている場合や、せまい空間で複数の人が仕事をしている場合、また、人が自分の部屋にくる場合などは「芳香剤」を置いておくことをおすすめします。

口臭で一番困るのは「それまで無臭に近かった空間にいきなりくさいニオイが漂う」ことです。

これを防ぐ、または緩和する働きをしてくれるのが「芳香剤」です。

香りは自分の好みで構いませんので、合わせて芳香スプレーなどを用意しておけば、とっさの時に便利でしょう。


ここまでの「ごまかす方法」というのは、あくまでも「その場しのぎの予防対策」です。

臭い玉を本格的に予防したい時に利用するものではありませんので、ご留意ください。

まとめ:臭い玉の予防対策「最新情報」

このページでは「臭い玉の予防対策」として、スタンダードなものから「効果が薄いもの」まで紹介してきました。
臭い玉の予防対策として、日本で最近開発された「ルブレン」という商品もおすすめです。

これは口臭対策+臭い玉予防商品という画期的なもので、筆者も一連の予防は試してきましたが、普段の口臭ケア+「ルブレン」というのが今のところ最強ではないかと考えています。

無料で臭い玉の予防対策を試していきたいという方は基本的に「風邪をひかないようにうがいをする」ことを忘れずに行うことが「臭い玉ができるのを防ぐ方法」として近道になるものと言えます。

 え?まだルブレン試してないの?! 口臭ケアの達人が「今」の方法を伝授! 「薬用ルブレントローチ」登場!...

New!:「マウスウォッシュランキング」↓臭い玉対策できるマウスウォッシュあり!↓

【マウスウォッシュランキング】CMで流れるマウスウォッシュだけで大丈夫?大人であれば口臭ケアは安価なものではダメかも。ここでは本格的にマウスケアしたい人専用のマウスウォッシュランキングをご紹介。口コミからお得な販売店までスマートに口臭ケアが実現できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする